« 今日の鳥栖戦 | トップページ | U-22代表に長沼と川井 »

2019/05/18

第12節鳥栖戦

昨日ホームで行われたJ1リーグ戦第12節鳥栖戦は、終了間際のサロモンソンのオウンゴールで敗れ、またもやダメージの残る敗戦で連敗は5に伸びました。
 佐々木が怪我のため欠場したこともあって、前節から先発4人を入れ替えて以下の布陣で戦いました。
       大迫

   荒木  吉野  野上

     川辺 松本泰

柏             清水
              (→サロモンソン72分)
    柴崎   野津田(→渡60分)
    (→ハイネル80分)
       ドグ

SUB:林、井林、稲垣、皆川
 対する鳥栖は、GK:高丘、DF:小林、高橋秀、高橋祐、MF:福田、原川、松岡(→70分)、三丸、FW:クエンカ、豊田(→フェルナンド・トーレス90分)、趙東建(→金崎61分)、と言うメンバーでした。立ち上がりは鳥栖のプレスに押し込まれるシーンもあったものの、11分に柴崎がファーストシュートを放つとその後は広島が高い位置でボールを奪って攻撃を仕掛けます。22分にはドウグラス・ヴィエイラのパスでフリーになった野津田のクロスを川辺がスルーしたものの、ドウグラス・ヴィエイラに渡る寸前にクリア。その後のCKからのこぼれを野上のシュートは枠の上に外れます。25分には清水のクロスを柴崎がDFラインの裏に流したもののドウグラス・ヴィエイラはオフサイド。27分の松本泰のシュートも枠外に外れます。また30分にも柴崎の落としをドウグラス・ヴィエイラが打ちましたが枠を捉えることができず、33分の野津田のシュートもブロックされます。前半の終わりには2度ほど鳥栖にチャンスを作られたものの、広島優勢のままハーフタイムを迎えました。
 後半も最初のチャンスは広島で、3分には荒木のクロスに柴崎が飛び込みましたがGKの好セーブに防がれ、その後の波状攻撃も実りません。また26分には川辺のパスからドウグラス・ヴィエイラがシュートしましたがブロックされ、27分にはクロスのこぼれを柴崎がバイシクルで狙ったもののGKに止められ、30分には柴崎がシュートしましたがGK正面を突きます。次々と選手を入れ替えあの手この手で崩そうとする広島。しかしなかなか功を奏することなく迎えた後半40分。金崎のシュートを防ぎCKもクリアしたものの、左からのクロスにサロモンソンが頭を当てると、何とこれがループ状に大迫の頭を越えてゴールネットへ。不運としか言いようの無い失点で先制点を許してしまいました。広島は何とか点を取ろうと前に出たものの、ドウグラス・ヴィエイラのシュートも渡のヘディングも枠を捉えることができず、試合終了のホイッスルとともにスタジアムにはブーイングが鳴り響きました。
 この試合にスタッツを見ると広島のシュートは14本で鳥栖は3本。鳥栖のシュートはいずれも危ういシュートではありましたが、しかし守備はしっかり対応しており崩されたものではありませんでした。それに対して広島のシュートは決定的なものはそれほど多くは無かったものの、前からの守備でボールを奪って相手の守備の隙を突く、と言う狙いはほぼできていたように思います。相手との関係や個人のスキル、あるいはコンビネーションの問題はあったかも知れませんが、しかしやろうとしていたことができなかった、あるいは誰かがサボっていた、と総括されるようなものではなかった、と思います。チーム全体で得点を取る、と言う点で物足りないものは確かにあったものの、決して方向性が間違っていた、ということはないでしょう。逆に失点シーンは確かにサロモンソンのクリアの方向が悪かったのですが、しかし客観的に見れば運が悪かった、としか言いようのないものだったと思います。つまり悪かったのは結果だけ。サッカーの神様に嫌われたとしか思えない試合だったと言わざるをえません。
 ただこれまでのリーグ戦の流れを見れば、単に「運が悪かった」では済ませられないのも確か。5試合戦って1点しか取れていないのに対して全ての試合で1失点以上しているわけで、これはチームとしての戦い方に問題がある、と言わざるをえません。城福監督も選手を入れ替えたりしながら試行錯誤しているものの、それが結果に結びついていない以上、何か別の手を打たなければならないのだ、と思います。連敗が始まったFC東京戦や名古屋戦、横浜FM戦は決して内容的に悪くなかったのに対してここ2試合は内容自体も悪くなっているのは、おそらく精神的なところに問題があるから。失敗が続けば後ろ向きの気持ちになってより失敗が増える、と言うのは誰にでも起こりうることで、それが今のサンフレッチェに起きていることなのだと思います。来週はACLのメルボルン戦があってオーストラリアに遠征しなければならないのですが、それが両チームにとっての消化試合だということを利用して、何か新しいことを試して欲しいもの。また日本に残って練習するであろうレギュラーメンバーにはもう一度自分たちのサッカーを見つめ直して、次節・浦和戦に向けてできる限りの準備をして欲しい、と思います。

 前半  後半
広島公式サイト  鳥栖公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア詳細  戦評  鳥栖が今季初連勝  城福監督決定力不足嘆く  金新監督の戦術が威力発揮
サッカーダイジェストWeb  J1採点&寸評  戦評

|

« 今日の鳥栖戦 | トップページ | U-22代表に長沼と川井 »