« U-20W杯エクアドル戦 | トップページ | 浦和戦に向けて »

2019/05/25

コパ・アメリカの代表に大迫敬と松本泰

日本サッカー協会は昨日コパ・アメルカ・ブラジル2019の日本代表メンバーを発表し、広島からは大迫敬介選手と松本泰志選手が選ばれました。今回選出されたのは次の23人。
【GK】川島(ストラスブール)、小島(大分)、大迫敬(広島)
【DF】植田(セルクル・ブルージュ)、板倉(フローニンゲン)、岩田(大分)、
    立田(清水)、原(鳥栖)、杉岡(湘南)、菅(札幌)、冨安(シントトロイデン)
【MF】柴崎(ヘタフェ)、中島(アルドゥハイル)、中山(ズヴォレ)、
    三好(横浜FM)、伊藤達(ハンブルガー)、松本泰(広島)、
    渡辺(東京V)、安部(鹿島)、久保(FC東京)
【FW】岡崎(レスター・シティ)、前田(松本)、上田(法政大)
 キリンチャレンジカップのメンバーと同じなのは川島、大迫敬、植田、中山、冨安、柴崎、久保、中島、岡崎だけ。トゥーロン国際のU-22代表に選ばれている伊藤達の他、小島、板倉、岩田、立田、原、杉岡、菅、三好、松本泰、渡辺、安部、前田、上田が初招集となっています。コパ・アメリカは6/14開幕。日本代表はグループステージでチリ、ウルグアイ、エクアドルと対戦します。

|

« U-20W杯エクアドル戦 | トップページ | 浦和戦に向けて »