« 広州恒大戦に向けて | トップページ | ACLグループステージMD5広州恒大戦 »

2019/05/08

U-20W杯代表に東

日本サッカー協会は昨日「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」に出場するU-20日本代表を発表し、広島からは東が選ばれました。今回選出されたのは次の21人。
【GK】茂木(C大阪)、若原(京都)、鈴木彩(浦和ユース)
【DF】鈴木冬(湘南)、瀬古(C大阪)、三國、喜田(福岡)、
    菅原(名古屋)、小林(神戸)、東(広島)
【MF】齊藤未(湘南)、伊藤洋(名古屋)、郷家(神戸)、藤本(東京V)、
    山田(横浜FM)、滝(清水)、斉藤光(横浜FC)
【FW】田川(FC東京)、宮代(川崎F)、中村敬(G大阪)、西川(桐光学園高)
 先月行われた代表合宿のメンバーからは大迫(広島)、谷(G大阪)、石原(福岡)、橋岡(浦和)、角田(筑波大)、安部(鹿島)、中島(C大阪)が外れ、鈴木彩、鈴木冬、喜田、齊藤未、滝、田川、中村敬が選ばれています。このメンバーは5/12に集合してキャンプを行い、5/23にグループステージ初戦のエクアドル戦を戦います。
 なおこの年代の主力として戦ってきた大迫、安部、久保が外れていますが、これは南米選手権に出場するA代表への選出が見込まれているからだとのこと。サンフレッチェとしても大迫が選ばれていれば第12節から第16節までのリーグ戦5試合を欠場することになるだけに、有り難いことだと言えそうです。

|

« 広州恒大戦に向けて | トップページ | ACLグループステージMD5広州恒大戦 »