« コパ・アメリカの代表に大迫敬と松本泰 | トップページ | 今日の浦和戦 »

2019/05/25

浦和戦に向けて

明日はJ1リーグ戦第13節。サンフレッチェはアウェイで浦和レッズと戦います。
 オリヴェイラ監督の下で天皇杯を制した浦和は、杉本、山中、鈴木ら即戦力を補強して今シーズンに臨みました。そしてACLはグループステージ突破を果たしたものの、怪我人の続出もあってリーグ戦はなかなか波に乗れずに現在の勝点は広島と同じ17となっています。今季のこれまでの公式戦の戦績は次の通り。
FXSC ●0-1 川崎F 【川】レアンドロ・ダミアン
1A △0-0 仙台
2H ●0-2 札幌  【札】鈴木武2
ACL1 ○3-0 ブリーラム【浦】槙野、橋岡2
3A ○1-0 松本  【浦】興梠
ACL2 △0-0 北京国安
4A ○2-1 C大阪 【浦】興梠、杉本、【C】ソウザ
5H △1-1 FC東京 【浦】森脇、【東】ディエゴ・オリヴェイラ
6H ●0-3 横浜FM 【横】マルコス・ジュニオール2、広瀬
ACL3 ●0-1 全北現代【全】アドリアーノ
7A ○1-0 G大阪 【浦】エヴェルトン
8H ○1-0 神戸  【浦】興梠
ACL4 ●1-2 全北現代【浦】興梠、【全】リカルド・ロペス、キム・シヌク
9A ○2-0 清水  【浦】マウリシオ、興梠
10H ●0-1 磐田  【磐】ロドリゲス
ACL5 ○2-1 ブリーラム【浦】興梠、武藤、【ブ】ペドロ・ジュニオール
11A ●0-2 名古屋 【名】マテウス、ジョー
12H ●2-3 湘南  【浦】長澤、ナバウト、【湘】菊地2、山根
ACL6 ○3-0 北京国安【浦】長澤、武藤、興梠
 主力を温存して戦った前節は前半のうちに2点をリードしたものの、完全にゴールラインを割った得点が認められない、と言う大誤審に発奮した湘南の勢いに押されて逆転負けを喫しています。しかし勝利か0-0の引き分けが条件で迎えたACLグループステージの北京国安戦は、前半13分に柏木が負傷退場すると言うアクシデントがあったものの、その代わりに入った長澤の活躍で快勝してラウンド16を決めています。ミッドウィークに試合があったとは言え火曜日開催だったため中4日あり、またホームゲームが続くことを考えれば明日は北京国安戦のメンバーがそのまま出てくる、と考えた方が良いでしょう。明日は北京戦の勢いで連敗を脱出しよう、と全力を挙げて広島を迎え撃とうとしているのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、南半球への遠征から中3日でのアウェイゲームとなります。ただレギュラー陣の多くは遠征を回避して広島で調整していたためコンディションに問題はないはす。そのメンバーと、メルボルン戦で結果を出した選手をどう組み合わせるか、が焦点となりそうです。と言うことでメンバー予想は少々難しいのですが、私は希望を込めて次のように予想します。
       大迫

   荒木  吉野  野上

     川辺 松本泰

エミル            柏

    森島    柴崎

       ドグ

SUB:林、井林、清水、稲垣、野津田、皆川、パトリック
 前節は攻めながら得点できず不運なオウンゴールで負けた広島。5連敗中の得点が1と言うことで得点力に課題があるのは確かですが、しかししっかりと練習を積んでいれば結果は出る、と言うのがメルボルン戦での教訓です。明日はメルボルン戦で得た手応えをリーグ戦に生かして、チーム一丸となって連敗を脱出して欲しいと思います。

|

« コパ・アメリカの代表に大迫敬と松本泰 | トップページ | 今日の浦和戦 »