« 今日のメルボルン戦 | トップページ | 日本代表に大迫敬介 »

2019/05/23

ACLグループステージMD6メルボルン戦

昨日アウェイで行われたAFCチャンピオンズリーググループステージMD6のメルボルン・ヴィクトリー戦は3-1で快勝し、5連勝でノックアウトラウンド進出に花を添えました。
 先発メンバーは鳥栖戦から7人、広州恒大戦から5人入れ替えて、以下の布陣で戦いました。
        林

   荒木  井林  水本

     松本泰 稲垣
     (→吉野76分)
松本大           清水(→高橋78分)

    森島    野津田
    (→土肥82分)
       皆川

SUB:中林
 対するメルボルン・ヴィクトリーはほぼベストメンバーで、GK:トーマス、DF:ルー、デン、キャリガン、MF:ブロクサム、アントニス、バエナ(→トロイージ65分)、ヴァレリ(→カムソバ81分)、FW:本田、バルバローセス、トイボネン、と言う布陣でした。広島の先制点は前半4分。皆川がゲットした右からのCKを森島が蹴ると、ニアで松本大が逸らして逆サイドで松本泰が頭で押し込み、ACLでは4試合連続でセットプレーから先制点を奪いました。
 その後はメルボルンのペース。本田を中心にボールを回し、広島陣内に攻め込みます。16分にはトイボネンの突破からバエナのシュートはわずかに枠外。22分にはトイボネンに頭で狙われ、23分にはルーにヘディングを許しましたがいずれも林がキャッチします。続いて25分にはバルバローゼスにシュートを打たれましたが林が抑え、26分には本田のスルーパスでトイボネンが抜け出しましたがシュートが枠を捉えず助かります。広島も時折素早いパスワークから相手ゴールに迫り、24分には森島がシュートしましたが枠外。35分にはクロスのこぼれに松本大が詰めましたがGKに防がれます。前半は広島が1点のリードを守ってハーフタイムを迎えました。
 後半もメルボルンがボールを支配して広島を押し込む時間が続きます。1分にはトイボネンのFKが枠外に飛びましたが林が反応します。広島も水本や清水が惜しいシュートを放ちましたがなかなか追加点が奪えません。そして後半24分、ペナルティエリアのやや外で与えたFKをトイボネンが蹴ると左上の隅へ。林は反応したものの及ばず、同点に追いつかれてしまいました。
 これで火がついた広島は、前からプレスをかけてゴールを取りに行きます。そして後半27分、野津田のパスを森島が皆川に付けると、皆川は右足を振り抜いて今季初となる勝ち越しゴール。更に29分にはバイタルエリアでボールを受けた森島がミドルシュートを突き刺し、点差を2点に広げます。その後はメルボルンも最後の力を振り絞って点を取りに来たものの、広島の守備陣は崩れず2点差を守ってそのまま逃げ切りました。
 試合後に森島選手は「ミドルシュートはずっとこの半年間練習してきた形で、あそこで持ったら振りにいくことは意識してきていた」と語っています。また城福監督も「練習のあとに一番居残りでシュート練習をやっている何人かのうちの2人が今日は得点を決めてくれた」と語っていて、練習の成果が出た、と評価しています。リーグ戦では得点力不足に悩むサンフレッチェですが、その「病」につける特効薬はありません。とにかく練習に練習を重ねて、パスとシュートの精度を高めることによってしか解決しない、と言うことが、改めて分かった試合だったと言えるのではないでしょうか。リーグ戦で出ている得点力不足の課題をどう解決するのか、「チームが一体となってシーズンを乗り越えていくための大事なゲーム」(城福監督)で結果を出したことは、絶対に次に繋がる、と言えるでしょう。
 この日でACLのグループステージが終了して、ラウンド16に進出するチームが決まりました。グループEは鹿島が山東魯能に逆転で勝って勝点を10に伸ばし、慶南を振り切って2位でグループステージを突破。ラウンド16の1st legは6/18(火)で鹿島とのアウェイゲーム、2nd legは6/25(火)にはホームゲームを戦うことになりました。因みに6/29にはJ1リーグ戦第17節の鹿島戦が予定されているので、何と3試合連続で同じチームと戦うことになります。両チームにとって難しい組み合わせとなった感じがしますが、サッカーは何度も戦ううちに実力差が如実に出てくるもの。サンフレッチェとしてそこまでにチームとしてこれまで以上に成長して、昨年王者に正面からぶつかるしかありません。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  若手躍動広島が5連勝締め!
日刊スポーツ  ACL一次リーグ詳細  広島ACL5連勝
サッカーダイジェストWeb  ACL採点&寸評  【ACL速報】広島のスタメン発表  【ACL速報】1点先行で後半へ  首位通過の広島、ACL16強で鹿島と激突

|

« 今日のメルボルン戦 | トップページ | 日本代表に大迫敬介 »