« 怪我人の状況 | トップページ | U-18代表UAE遠征 »

2019/03/25

紅白戦

モバイルサイトによると、怪我で出遅れていた選手のうち稲垣は、体力的には「チームでもトップのレベルに近い」(城福監督)ところまで戻ってきているそうです。「あとはゲーム感覚を取り戻すこととこのシステムにおけるボランチの役割を理解すること」だそうなので、練習試合や紅白戦でプレーする中で感覚が戻れば、少なくともベンチには入ってくるのではないでしょうか。一方の青山も練習メニューはフルにこなしているそうで、残る課題は「連続したプレーや長い距離を走ること」。こちらも紅白戦出場などを経ながら、実戦ができる状態に仕上げていくことになります。また林は既に短時間ながら愛媛戦に出場しているそうで、こちらもあとはゲーム感覚を上げるだけ、と言う状況だと思われます。今シーズンはボランチは川辺と松本泰、GKは大迫と若い選手がレギュラーを張って結果を出しているので、ベテランが戻ってきたからと言ってすぐにポジションが与えられることは無いはず。今後はこれまで以上に激しいポジション争いが勃発することになりそうです。

|

« 怪我人の状況 | トップページ | U-18代表UAE遠征 »