« タイから帰国 | トップページ | 指宿キャンプ開始 »

2019/02/04

スタジアム候補地を中央公園に一本化へ

中国新聞の記事によると、広島市中心部へのサッカー専用スタジアム建設の建設候補地を中央公園に一本化する方針を固めた、とのことです。スタジアムの建設候補地としては旧市民球場跡地や広島みなと公園が挙がっていましたが、市の中心部に近いことから都市の活性化に繋がること(紙屋町・八丁堀地区が国の都市再生緊急整備地域に指定されている)や経費面(他の場所に比べて2〜70億円抑えられるらしい)から、中央公園で一本化の方針になったとのこと。6日に市内で松井市長、湯崎知事、商工会議所の深山会頭とサンフレッチェの久保会長がトップ会談を行い、ここで決定することになるそうです。

 広島市中心部へのサッカー専用スタジアム建設はサンフレッチェと広島サッカー界の「悲願」で、2013年には37万筆にも上る署名を集めて実現を求めてきました。サンフレッチェとしては旧市民球場跡地への建設が第一希望だったものの何らかの事情でまとまらず、かと言って市長や知事が推していたみなと公園案もとても受け入れられない、と言うことで浮上してきたのがこの「中央公園案」。隣には基町アパートがあることから住民の反対が強い、との報道も流れていましたが、全体的な都市計画を考えれば基町アパートの整備とセットで進める、と言うこともあり得るはず。今後どのように具体化して行くのか、進捗を見守りたいと思います。

|

« タイから帰国 | トップページ | 指宿キャンプ開始 »