« 怪我人の状況 | トップページ | 稲垣全治4週間 »

2019/02/09

磐田との練習試合

昨日磐田との練習試合を2試合(45分×4本)行い、1試合目は1-1の引き分けでしたが2試合目は2-1で、トータルスコア3-2で広島が勝ちました。
 モバイルサイトによると、1試合目の布陣はたぶん次のような感じだったと思われます。
      廣永(→大迫HT)

  荒木隼 吉野 水本

    川辺 松本泰
    (→松本大73分)
エミル          柏

  野津田     ドグ

      皆川
 対する磐田は、GK:カミンスキー、DF:大井、石田、高橋、MF:ムサエフ、松本昌、荒木大、上原、FW:小川航、大久保、ロドリゲス、と言うメンバーでした。先制点は磐田で、前半27分にスルーパスで抜け出したロドリゲスが廣永との1対1からゴールを決めました。前半はシュートゼロに終わった広島でしたが後半は反撃して、後半28分に松本泰のラストパスをドウグラス・ヴィエイラが決めて同点に追いつきます。そしてその後は野津田や水本、柏らが決定的な形を作ったものの決めきれず、同点のまま1試合目を終えました。
 2試合目の広島の布陣はたぶん次のような感じ。
      中林

   和田 井林 清水

    松本大 森島
    (→加藤72分)
川井          高橋
(→ベス68分)
  東        渡

      パト(→柴崎HT)
 前半は両者無得点に終わると、後半10分に渡の縦パスを受けた柴崎が反転してドリブル突破してクロス。これを東がヘッドで決めて広島が先制点を奪います。続いて22分には渡のペナルティエリア内からのマイナスのパスを柴崎が決めて広島が追加点。後半36分にはCKから1点を失ったもののその後は締めて、そのまま逃げ切りました。
 モバイルサイトによるとによると1試合目の前半は「厳しい状況」だったそうで、城福監督も「チームとしてこうしようとか、コンビネーションをこうやってみようとか、そう言う意識が強過ぎて個人の個性が消えていた」そうです。しかしハーフタイムで修正した結果後半は何度も良い形を作ったとのこと。城福監督も「できれば最初の90分で勝利したかった。内容的にもそれができた試合」だった、と振り返っています。また2試合目については離脱者が多かったこともあって「ポジションバランスが悪い中で」の試合となりましたが、それでも「いい守備を見せて勝利できた。そこは非常に満足しています」と語りました。青山、野上、稲垣、佐々木、林がいない中で、1試合目は主力組の磐田に負けなかったこと、怪我で離脱していたパトリックと柴崎が復帰したこと、そして2試合目に勝利したことなど、収穫の多い試合だったと言えるのではないでしょうか。

|

« 怪我人の状況 | トップページ | 稲垣全治4週間 »