« 今季のスローガンとユニフォームを発表 | トップページ | アジア杯オマーン戦 »

2019/01/13

新加入選手の記者会見

サンフレッチェは昨日のキックオフイベントで、新加入選手の発表記者会見を行いました。公式サイトによると足立強化部長は冒頭で「サンフレッチェで戦いたい、サンフレッチェの一員として広島のために戦いたいという選手を集めた」と狙いを説明。ベースを作った昨シーズンからステップアップするためのメンバーだ、と述べました。まずドウグラス・ヴィエイラについては「ボールをためる技術、ゴールに向かうスピード、ゴールセンス」が際立った選手であると紹介しました。続いてサロモンソンはヨンソン監督の時からチェックしていたそうで、馬渡の移籍でサイドが少なくなったこととタイミングが合ったことから獲得した、とのことです。井林はリーダーシップ、ヘディングの強さ、展開力でチームを引っ張ることを期待しているとのこと。千葉が抜けた穴を埋めると言うだけでなく、「広島人の魂を持っている」と言うことから獲得したそうです。ユースから昇格した2人のうち、東は左のワイドで柏とポジションを争って欲しい、松本大には将来のサンフレッチェのリーダーとして期待しているとのことです。そして1年半ぶりに復帰した清水については「やはりサイドの強化、DFの強化、いろんな意味で」期待しするとともに、「彼の悔しさや苦労が我々のクラブには必要」だと考えて帰ってきてもらったそうです。外国人選手を除けば全員がかつて一度はサンフレッチェのユニフォームを着たことのある選手たち。今季はこれまで以上にチーム一丸となって、広島のために戦ってくれるのではないでしょうか。

|

« 今季のスローガンとユニフォームを発表 | トップページ | アジア杯オマーン戦 »