« 蔚山現代との練習試合 | トップページ | U-19代表に大迫と川井 »

2018/12/08

優秀選手賞に佐々木、青山、パトリック

Jリーグは昨日、12/18に行われるJリーグアウォーズで表彰される各賞を発表し、優秀選手賞にサンフレッチェから佐々木、青山、パトリックの3人が選ばれました。選出された30名のうち、優勝した川崎Fからはチョン・ソンリョン、エウシーニョ、車屋、谷口、奈良、家長、大島、中村、守田、小林の10人。3位の鹿島からはクォン・スンテ、西、三竿健、レオ・シルバ、鈴木の5人が選ばれています。また9位のG大阪からも東口、三浦、ファン・ウィジョの3人が選ばれていて、リーグ終盤に調子の良かったチームに偏っているような印象です。優秀選手賞の選考はリーグ戦終了後に行われるため終盤戦の印象が強いのは止むを得ないこととは言え、広島の第25節までの快進撃を支えた林、野上、和田、稲垣、柏らが選ばれなかったのは残念だった、と言わざるをえません。

 なおその他の賞ですが、広島が2012年以来6年連続で受賞してきた「フェアプレー賞高円宮杯」は、今年はC大阪に与えられることになりました。今季の広島は決してフェアプレーでなくなったわけではなく、反則ポイントは昨年より3少ない-11。2014年の-19と2015年の-13に次いで少ない数字だったのですが、C大阪の反則ポイントが-14だったと言うことで、惜しくも7年連続受賞を逃すことになりました。今年はフェアプレー賞を取ったクラブが過去最高の9に達し、C大阪が広島以外では初めてマイナスポイントになったと言うことで、これはリーグ全体にフェアプレーが浸透してきたと言うことを意味しています。従って今季「フェアプレー賞高円宮杯」を広島が取れなかったことは、残念と言うよりもむしろそれを主導してきたチームとして誇るべきことだ、と言って良いでしょう。来季は今年以上に苦しいシーズンになるかも知れませんが、それでもこのフェアプレーの精神だけは守って、戦い抜いて欲しいと思います。

|

« 蔚山現代との練習試合 | トップページ | U-19代表に大迫と川井 »