« 名古屋戦の前売券 | トップページ | いわきFCとの練習試合 »

2018/11/17

日本代表ベネズエラ戦

日本代表は昨日ベネズエラとの国際親善試合を戦い、1-1で引き分けました。日本代表のメンバーは、GK:シュミット、DF:酒井宏、冨安、吉田、佐々木、MF:遠藤、柴崎、南野(→伊東77分)、中島(→原口68分)、堂安(→杉本77分)、FW:大迫(→北川68分)。立ち上がりから両者とも切り替えが速く一進一退の攻防となりましたが、その中で日本は相手のDFラインの裏を突いてチャンスを作りつつも決めきれない、と言う時間が続きました。しかし前半39分、中島のFKに飛び込んだ酒井宏が足で押し込み、1点リードでハーフタイムを迎えました。そして後半も堂安のシュートや中島の突破などでチャンスを作ったものの、大迫、中島に代えて北川と原口、堂安と南野に代えて杉本と伊東を投入するとなかなかチャンスが作れなくなり、逆に後半36分に酒井宏が与えたPKを決められそのまま引き分けました。この試合は「森保ジャパン」のこれまでの3試合通り、前線の4人の積極的な動きでチャンスを作って先制点を奪うなど、順調に仕上がってきていることが分かる出来だったと思います。しかしその一方で途中からその4人を代えると攻撃が停滞し、逆に不運なPKから失点すると取り戻せずに終わりました。つかまり、代表の「基本形」はできたもののオプション作りはこれから、ということが分かった試合だったと言って良いように思います。火曜日に行われるキルギス戦は、このオプション作りをどこまで進めるか、を確認する試合になるのではないでしょうか。

|

« 名古屋戦の前売券 | トップページ | いわきFCとの練習試合 »