« 磐田戦に向けて | トップページ | 今日の磐田戦 »

2018/11/03

AFC U-19選手権サウジアラビア戦

一昨日、AFC U-19選手権インドネシア2018の準決勝でサウジアラビアと戦ったU-19日本代表は、0-2で敗れて2大会連続の優勝はなりませんでした。影山監督はインドネシア戦から9人入れ替えて、GK:若原、DF:橋岡、瀬古、三國(→宮代HT)、MF:石原、山田、伊藤、荻原、FW:原(→斉藤光71分)、滝、田川(→久保HT)、と言うメンバーで臨みました。そして試合はサウジアラビアに主導権を握られる展開が続いたそうで、前半29分には相手のシュートを若原が弾いて先制点を奪われてしまいました。更に前半終了間際にはいったんは若原がシュートを弾いたものの、そのこぼれを押し込まれて追加点を許してしまいました。後半から久保、宮代を投入したものの、最後までゴールネットを揺らすことができずそのまま敗れました。

JFA公式サイト
ゲキサカ
サッカーダイジェスト    サウジ紙が大絶賛  影山監督「ゲームをコントロールできなかった」と反省  久保が残した爪痕

|

« 磐田戦に向けて | トップページ | 今日の磐田戦 »