« 高円宮杯PLウェスト第15節C大阪戦 | トップページ | 森崎和が紅白戦に出場 »

2018/10/13

日本代表パナマ戦

昨日行われたキリンチャレンジカップのパナマ戦は3-0で快勝し、「森保ジャパン」はコスタリカ戦に次いで2連勝となりました。この日のメンバーは、GK:権田、DF:室屋、冨安、槙野、佐々木、MF:三竿健、青山(→柴崎88分)、伊東(→堂安81分)、南野(→北川66分)、原口、FW:大迫(→川又66分)。日本は立ち上がりから豊富な運動量でペースを握り、青山のパスや両サイドからのクロスでチャンスを作ります。そして前半42分、相手のパスをカットした青山が鋭い縦パスを送るとこれを受けた南野がDFと競り合いながらターンしてシュート。これが見事にゴール左隅に決まって、日本代表の1点リードでハーフタイムを迎えました。後半は相手のプレッシャーからボールロストが続いて嫌な時間が続いたものの、後半20分、左サイドから原口が斜めのパスを送ると伊東がワンタッチでDFラインの裏へ。これで抜け出した南野のシュートは止められたものの、こぼれを伊東が押し込んで日本が追加点を奪います。更に後半40分には原口のドリブルからのラストパスを受けた川又がDFに倒されたものの、こぼれ球がゴールに転がり込んでリードを3点に広げて試合をクローズしました。

 試合後に森保監督は「勝つことが大事だし、選手のハードワークは讃えたい」と言いつつも「攻撃も守備もまだまだ上げて行かないといけない」とコメントしています。また「ロシアW杯組」と新戦力との融合については、「化学反応がどうだったかは分からないですが、チームの融合と全体的な戦術の浸透とレベルアップは、次につなげることができた」と評価しました。森保監督は今回の2試合については「できるだけ多くの選手にピッチに立ってプレーしてもらう」と語っていたので、おそらく次のウルグアイ戦では「W杯組」を主力として使うはず。その中でよりはっきりと、「森保ジャパン」の姿が見えてくるのかも知れません。

 ところでサンフレッチェから選ばれた青山と佐々木ですが、2試合連続での先発出場となりました。その中で青山は中盤の守備とミドルパスで存在感を発揮。ボランチでペアを組んだ三竿健を従えてチームの中心として君臨していました。一方の佐々木も終始落ち着いていて、守備でも攻撃でも良い貢献を見せていたと思います。特にグラウンダーの斜めのパスでトップ下に付けるパスは効果的で、身体の強さやスプリント能力以外の武器も持っていることを見せることができたのではないか、と思います。二人ともこの試合で改めて、森保監督の下で戦ってきたからでなく、日本代表にふさわしい実力があるからこそ選ばれている、と言うことを自ら示すことができたと言えるのではないでしょうか。

|

« 高円宮杯PLウェスト第15節C大阪戦 | トップページ | 森崎和が紅白戦に出場 »