« 天皇杯R16鹿島戦 | トップページ | 今日のG大阪戦 »

2018/09/28

G大阪戦に向けて

明日は中2日でJ1リーグ戦第28節。サンフレッチェはアウェイでG大阪と戦います。
 7月下旬にクルピ監督を解任し、U-23で指揮を執っていた宮本監督を「昇格」させたガンバでしたが、その交代に即効性はなくなかなか勝てない試合が続いていました。しかしアジア大会に出場していたファン・ウィジョが戻ってきたことと今野が怪我から復帰したことがきっかけとなってこのところ3連勝。順位は17位で変わらないものの、15位と勝点で並んで降格圏脱出が見えてきています。前回の対戦以降のリーグ戦の戦績は次の通り。
16A ●0-4 広島  【広】パトリック2、工藤、ティーラシン
17H ●1-2 清水  【G】ファン・ウィジョ、【清】北川、ドウグラス
18H △1-1 鹿島  【G】米倉、【鹿】町田
19A △1-1 磐田  【G】ファン・ウィジョ、【磐】大井
20A ●2-3 名古屋 【G】アデミウソン、藤本、【名】ジョー3
21H ○2-1 FC東京 【G】渡邉、ファビオ
22H △1-1 札幌  【G】倉田、【札】都倉
23A ●1-2 仙台  【G】渡邉、【仙】西村、OG
24A ●0-3 鳥栖  【鳥】小野、金崎、フェルナンド・トーレス、
25H ○2-0 川崎F 【G】渡邉、ファビオ
26A ○2-1 神戸  【G】倉田、ファン・ウィジョ、【神】古橋
27A ○2-1 清水  【G】OG、ファン・ウィジョ、【清】北川
 前節はキックオフからわずか31秒で先制点を奪うと、前半26分にも追加点。後半は31分に1点を返されその後も猛攻を受け続けたものの、ポストにも救われ1点差ゲームをモノにしています。宮本監督は川崎F戦で3バックにシステム変更し、セットプレー2発で勝ったと言う実績があるだけに明日もしっかりと「広島対策」を立ててくるのは必定。勝点3が取れなかったとしても1を確保して、J1残留に向けて前進したいと思っているのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、こちらは天皇杯から中2日となっています。水本と稲垣が120分、青山とパトリックが45分以上プレーしたことが気になるところですが、必勝体制で臨まなければならないと言うことで、FC東京戦と同じメンバーで戦う可能性が高そうです。と言うことで、私のメンバー予想は次の通り。
       林

和田  野上  水本 佐々木

   青山    稲垣

 柴崎         柏

    パト  工藤

SUB:中林、千葉、吉野、松本泰、川辺、ティーラシン、渡
 水曜日に未消化だった湘南戦を戦った川崎Fは引き分けに終わったため、勝点差は3。従って仮にG大阪戦に敗れても次節で勝点で上回られることはありませんが、しかし広島が得失点差+21なのに対して川崎Fが+22なので次節で首位逆転の可能性があります。残留争い中のガンバはいつも以上に強い気持ちで戦いを挑んでくるのは間違いないことを考えると、それに勝つには気持ちで負けないことが前提でしょう。明日はこれまで以上に厳しい戦いが予想されますが、そこをチーム全員で乗り越えて、広島に勝点3を持ち帰って欲しいと思います。

|

« 天皇杯R16鹿島戦 | トップページ | 今日のG大阪戦 »