« 第25節鹿島戦 | トップページ | 松本大、東とプロ契約を締結 »

2018/09/03

アジア大会は準優勝

一昨日行われたアジア大会の決勝で、U-21日本代表は延長の末にU-23韓国代表に敗れ、銀メダルに終わりました。

 準決勝から中1日と言うこともあって先発5人を入れ替えて、GK:小島、DF:板倉、杉岡(→遠藤ex0分)、原、立田、MF:長沼(→初瀬ex9分)、三好、岩崎(→旗手ex0分)、松本、渡辺(→神谷ex4分)、FW:上田、と言うメンバーでした。試合は序盤から韓国のペースで、何度も攻撃を受けたものの最後のところで踏みとどまります。そして後半は相手の運動量が落ちたこともあって攻め込んだものの決定機は作れず、スコアレスのまま延長戦にもつれ込みました。しかし延長前半3分に「韓国のメッシ」イ・スンウに豪快に叩き込まれて先制点を奪われると、その7分後にはFKを決められて2点目を失いました。そしてその後日本も反撃したもののCKから上田が1点を奪っただけに終わりました。

|

« 第25節鹿島戦 | トップページ | 松本大、東とプロ契約を締結 »