« 天皇杯準々決勝以降の組み合わせ | トップページ | 今日の鳥栖戦 »

2018/09/14

鳥栖戦に向けて

明日はJ1リーグ戦第26節。サンフレッチェはアウェイでサガン鳥栖と戦います。
 第6節から7連敗するなど調子が上がらずW杯前には17位に沈んでいた鳥栖ですが、中断中にフェルナンド・トーレス、金崎、オマリらを補強。蔚山へ期限付き移籍していた豊田も呼び戻すなど、並々ならぬ決意で戦力補強を行いました。そしてその効果はすぐには現われなかったものの、第20節以降は3勝2分け1敗と調子を上げてきています。前回の対戦以降のリーグ戦の戦績は次の通り。
9A ●0-1 広島  【広】パトリック
10H ●0-2 川崎F 【川】阿部、小林
11A ●0-3 G大阪 【G】倉田、ファン・ウィジョ、マテウス
12H ●1-2 札幌  【鳥】安、【札】ジュリーニョ
13H ○3-1 清水  【鳥】原川、小野、安、【清】OG
14A △0-0 浦和
15H △0-0 FC東京
16A △1-1 湘南  【鳥】OG、【湘】高橋
17H ●0-1 仙台  【仙】西村
18H △0-0 磐田
19A ●0-1 清水  【清】ドウグラス
20H ○1-0 C大阪 【鳥】吉田
21H ○1-0 浦和  【鳥】高橋秀
22A △0-0 川崎F
23A ●0-3 名古屋 【鳥】金井、和泉、前田
24H ○3-0 G大阪 【鳥】小野、金崎、Fトーレス
25A △0-0 FC東京
 前節はFC東京に攻め込まれるシーンもあったものの、粘り強い守備で勝点1を確保しています。順位はまだ16位と降格圏を抜け出せていないものの、川崎FやFC東京ら上位陣相手に勝点1を取ったと言うことで、結果をポジティブに捉えている様子。明日はまずはしっかり守って失点を防ぎつつ、強力ツートップの力で点を取って勝とう、と考えているのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、コスタリカ戦で先発出場した佐々木は左太ももを痛めたとのことですが、大事には至っていない様子。また青山も疲労を考慮して昨日の全体練習の一部を回避したそうですが、こちらも明日の出場には問題ないと思われます。と言うことで、鹿島戦と同じメンバーが起用される可能性が高そうです。
       林

和田  野上  水本 佐々木

   青山    稲垣

 柴崎         柏

    パト   渡

SUB:中林、千葉、吉野、フェリペ・シウバ、川辺、ティーラシン、ベリーシャ
 残り9試合で首位に立つ広島ですが、34試合制となった2005年以降、第25節終了時点で首位だった13チームの中で最多勝点でフィニッシュしたのははわずか5チーム。昨年の川崎Fや2007年の鹿島、2014年のG大阪のように、一気のまくりで逆転優勝した例も多々あります。明日はぜひとも勝ち点3を積み上げて、優勝に向かって歩を進めて欲しいと思います。

|

« 天皇杯準々決勝以降の組み合わせ | トップページ | 今日の鳥栖戦 »