« 城福監督のインタビュー | トップページ | 今日のFC東京戦 »

2018/09/21

FC東京戦に向けて

明日はJ1リーグ戦第27節。サンフレッチェはホームにFC東京を迎えます。
 第9節の清水戦の勝利以降9試合負けなしで2位をキープし、第20節終了時点では広島との勝点差を5まで縮めていたFC東京でしたが、第21節以降は不調に陥りここ6試合は2分け4敗。特に最近3試合は得点もなく、首位との勝点差は13まで広がっています。前回の対戦以降のリーグ戦の戦績は次の通り。
10H ○3-1 広島  【東】ディエゴ・オリヴェイラ2、永井、【広】稲垣
11H ○3-2 名古屋 【東】ディエゴ・オリヴェイラ2、永井、【名】ジョー、ホーシャ
12A △0-0 神戸
13A ○2-0 川崎F 【東】橋本、森重
14H △0-0 札幌
15A △0-0 鳥栖
16A ○1-0 柏   【東】OG
17H ○5-2 横浜FM 【東】太田、ディエゴ・オリヴェイラ、田邉、東、岡崎、【横】ウーゴ・ヴィエイラ、山田
18H ●0-1 長崎  【長】ファンマ
19A ○2-1 鹿島  【東】富樫、リンス、【鹿】安西
20H ○1-0 神戸  【東】リンス
21A ●1-2 G大阪 【東】ディエゴ・オリヴェイラ、【G】ファビオ、アデミウソン
22H ●0-1 柏   【柏】瀬川
23A ●2-3 札幌  【東】ディエゴ・オリヴェイラ、チャン・ヒョンス、【札】都倉、白井、チャナティップ
24A △0-0 湘南
25H △0-0 鳥栖
26A ●0-1 仙台  【仙】OG
 前節は序盤から激しいプレスで押し込み続けたものの得点を奪えず、逆に後半5分にオウンゴールで失点。仙台のシュート0本で決勝点を与えると言う「珍事」で敗戦を喫しています。一時は首位を窺う勢いだったFC東京でしたが、今はむしろ勝点1差に迫ってきた4位以下が気になるところ。明日は首位を叩いて再び勢いに乗ろう、と言う気持ちで、広島に乗り込んでくるのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、前節は9試合ぶりに無得点で試合を終えています。ただ城福監督は「パトリックのパートナーだけの問題ではない」と語っていて、むしろチーム全体で「いい守備からのいい攻撃、ゴール前での集結」などの質を上げることを求めている様子。と言うことでメンバーやシステムを変える可能性は低そうなので、前節と同じメンバーを予想します。
       林

和田  野上  水本 佐々木

   青山    稲垣

 柴崎         柏

    パト   渡

SUB:中林、千葉、吉野、松本泰、川辺、ティーラシン、工藤
 今季これまでサンフレッチェが首位を走ってきた要因は連敗しなかったこと。残り試合が少なくなって1試合の重要性が高まっていることも考えると、明日は絶対に勝たなければならない試合だ、と言えます。明日はこれまで以上にチーム一丸となって、勝利を目指して戦い抜いて欲しいと思います。

|

« 城福監督のインタビュー | トップページ | 今日のFC東京戦 »