« 第27節FC東京戦 | トップページ | 天皇杯R16に向けて »

2018/09/25

高円宮杯PLウェスト第14節東福岡高戦

昨日高円宮杯プレミアリーグウェストの第14節で東福岡高と対戦したサンフレッチェユースは、終盤に2点差を追いついて引き分けに持ち込んだものの首位を明け渡しました。この日のメンバーは、GK:佐藤海、DF:鈴(→細谷85分)、山崎、MF:松本大(→竹内90+1分)、中谷、桂(→棚田77分)、東、土肥、大堀、FW:渡部(→大越66分)、鮎川。先制点は広島で、前半3分、松本大の浮き球のパスを受けた鮎川がゲットしました。しかし前半32分に同点ゴールを決められて、前半は1-1でハーフタイムを迎えました。後半も先手を取ったのは広島で、3分に松本大が相手ボールをカットして中央からゴールを決めます。しかしその後は反撃を受け、9分、18分、29分に失点して一時は2点のリードを許しました。しかし後半34分に棚田のシュートのこぼれを大堀が頭で押し込むと、後半43分には松本大がこの日2点目を決めて追いつきました。第14節の全結果と順位表は次の通り。
【第14節】
阪南大高   2-3 京都U-18
G大阪ユース 5-2 米子北高
C大阪U-18  0-1 名古屋U-18
東福岡高   4-4 広島ユース
福岡U-18   3-2 神戸U-18

       勝点 試合 勝 分 負 得失差
1京都U-18   27   14    8   3   3    +6
2広島ユース  25   13    7   4   2   +18
3東福岡高   25   14    7   4   3    +8
4名古屋U-18  24   14    7   3   4   +10
5G大阪ユース 23   13    6   5   2    +9
6C大阪U-18  20   13    6   2   5    +3
7神戸U-18   18   12    6   0   6    -5
8福岡U-18   16   13    5   1   7    -5
9阪南大高    8   14    2   2  10   -16
10米子北高    3   14    1   0  13   -28

|

« 第27節FC東京戦 | トップページ | 天皇杯R16に向けて »