« 高円宮杯PLウェスト第8節、第9節 | トップページ | 今日のG大阪戦 »

2018/07/17

G大阪戦に向けて

明日は2ヶ月ぶりのJ1リーグ戦再開。サンフレッチェはホームにG大阪を迎えます。
 第12節の鳥栖戦、第13節の仙台戦に連勝して15位まで上がって勢いに乗るかに見えたガンバでしたが、その後札幌、横浜FM、浦和に勝てずに降格圏に沈んだままで中断を迎えました。また天皇杯では関学大にジャイアント・キリングを許してしまいましたが、しかしルヴァンカップではプレーオフに連勝してベスト8進出を決めています。前回の対戦以降の公式戦の戦績は次の通り。
L5A ○3-2 広島  【G】食野、妹尾、西野、【広】フェリペ・シウバ、渡
14A △1-1 横浜FM 【G】藤本、【横】天野
L6H ●1-4 名古屋 【G】長沢、【名】畑尾、内田2、児玉
15H △0-0 浦和
LPO1 ○1-0 磐田  【G】ファン・ウィジョ
天2 ●1-2 関学大 【G】三浦、【関】岩本、山見
LPO2 ○3-2 磐田  【G】ファン・ウィジョ3、【磐】松浦、川又
 低迷からの脱出のためには起爆剤が必要だと考えそうなものですが、しかし中断期間中の補強はなし。むしろ矢島と泉澤を期限付き移籍で放出しているところを見ると、戦力的には十分だと言う自信があるのかも知れません。
 対するサンフレッチェですが、城福監督のインタビューによるとチーム内競争が激化しているとのこと。ベリーシャが加入したFWだけでなく、千葉の復帰や川辺、森島、松本、馬渡、川井らの成長によって「18人を選択することすら難しい」(城福監督)状態なのだそうです。と言うことで明日のメンバー予想は非常に難しいのですが、再開後初の試合だということから、大きくは変えない、と予想します。
       林

和田  野上  水本 佐々木

   青山    稲垣

 柴崎         柏

    パト  ムイ
    
SUB:廣永、丹羽、吉野、森島、川辺、Fシウバ、工藤
 2位と勝点差9を付けて首位を快走中の広島ですが、そのくらいの差は負けが込めばあっという間に詰められてしまうもの。むしろ18チーム制となった2005年以降、W杯による中断期間前に首位だったチームが年間最多勝点で終わった例はない、と言うデータの方が気になります。サンフレッチェとしては初心に戻って、チーム全員の心を合わせて今後の熱い戦いを勝ち抜いて欲しいと思います。

|

« 高円宮杯PLウェスト第8節、第9節 | トップページ | 今日のG大阪戦 »