« 青山が代表から離脱 | トップページ | ファン感謝デーの青山 »

2018/05/26

第15節で勝ち点37

第15節まで勝ち点37を稼いで中断を迎えたサンフレッチェ。優勝した2013年と2015年は30、2012年は29だったので、それを上回るクラブ史上最速ペースとなっています。Jリーグ全体で見ると第15節時点でもっとも勝ち点が多かったのは2009年の鹿島で38。2番目は2015年の浦和が37、3番目は2013年の大宮が36だったので、今のところJリーグ史上2番目のハイペースで勝ち点を積み重ねていることになります。

 ただ、それだけハイペースで勝ち点を取れば優勝に直結するか、と言うとそうは行かないのが長丁場のリーグ戦。これらの3チームのうち優勝までたどり着いたのは2009年の鹿島だけで、浦和も大宮も優勝を逃しています。特に2013年の大宮は第15節に勝ち点36に到達した後に8連敗。第24節に勝って一息ついたものの再び8連敗と大失速して、最終的な勝ち点は45に留まっています。また2009年の鹿島は第23節までに勝ち点50を稼ぎ、2位川崎Fとの勝ち点差が8もあったにも関わらずその後5連敗して一時は首位を明け渡しています。一方2015年の浦和は1st stageの17試合で勝ち点41を取ってほぼ独走状態でステージ優勝を果たしましたが、その後広島の猛追にあって年間勝ち点2位に終わり、チャンピオンシップではG大阪に敗れて年間優勝はできませんでした。つまり、リーグが半分も終わっていないところでトップに立とうが2位との差が開こうが、優勝確率が高くなったとは言えません。やはり2009年の鹿島のように、調子を落としてもしっかりと立て直す力がなければ優勝はできない、と言うこと。むしろ終盤に向けて勝ちを積み重ねて行くチーム力が無ければ、優勝にはたどり着けないと言うことなのだと思います。

 今季のサンフレッチェは、シーズンオフにじっくりと身体を休ませるとともにキャンプ期間中に集中的に鍛えて、90分間走れる身体を作ってシーズンを迎えました。そしてそれによって後半に強いチーム(後半の得失点差+14は2位の川崎Fと8点差)になったことが、ここまでの好成績の要因となっています。ただ、さすがに7週間にわたって中2日、中3日で連戦を続けてきた影響は無視できなくなっていて、それがC大阪戦の後半の2失点に繋がったと言えます。つまり、シーズンオフとキャンプに蓄えた「貯金」が尽きたことによって、サンフレッチェの快進撃も止まった、と言うことだと思います。

 だとすれば、ここから2ヶ月ほどのブレイク中にすべきことは、まずはもう一度身体作りをやり直すこと。そしてチームとしての戦い方を整理し直して強度と精度を高めることなのだと思います。特にリーグ戦が再開する7/18からの夏休み期間中は、水曜日に試合のある週が2週おきにやってきます。この「夏場の連戦」を乗り切ることができるかどうか。とりわけ若手が成長していつでもポジションを取って代わることのできる状態を作ることができるかどうかが、このまま優勝まで突っ走ることができるかどうかのカギになるのではないでしょうか。

 今週は神戸がイニエスタを獲得した、と言うことで大いに盛り上がりましたが、おそらくは他のチームも様々な補強策を立てて動いているはず。それによってリーグ再開時には全く違うチームになっている、と言うケースも多々あるのではないかと思います。そのような中でサンフレッチェが勝ち抜いて行くためには、これまで以上に「高いレベルのベーシック」をチーム全体で突き詰めることが必要です。そしてそれ以上に重要なことは、ルヴァンカップで敗退してしまった「カップ戦組」から1人でも多く成長して、チームが一丸となって戦える体勢を整えることなのではないでしょうか。

|

« 青山が代表から離脱 | トップページ | ファン感謝デーの青山 »