« 紫熊倶楽部5月号 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第3節名古屋U-18戦 »

2018/04/24

FC東京戦に向けて

明日はJ1リーグ戦第10節。サンフレッチェはアウェイでFC東京と対戦します。
 昨年は大型補強でタイトルを狙ったものの調子が上がらず、シーズン途中で篠田監督を解任するなどドタバタの末に13位に終わったFC東京。今季は実績豊富な長谷川監督を招聘して、手堅い守備をベースにしたチーム作りを進めています。そしてシーズン当初は得点力不足に苦しんだものの、その後は調子を上げて2位まで上がってきています。ここまでの公式戦の戦績は次の通り。
1H △1-1 浦和  【東】東、【浦】槙野
2H ●0-1 仙台  【仙】石原
L1A ●0-1 横浜FM 【横】シノヅカ
3A ●0-2 磐田  【磐】アダイウトン、ムサエフ
L2H ○1-0 新潟  【東】久保
4H ○1-0 湘南  【東】ディエゴ・オリヴェイラ
5H ○3-2 G大阪 【東】東、森重、ディエゴ・オリヴェイラ、【G】ファン・ウィジョ2
L3A ●0-3 仙台  【仙】ジャーメイン、蜂須賀2
6A ○5-2 長崎  【東】ディエゴ・オリヴェイラ3、東、永井、【長】中村、中原
7H ○2-1 鹿島  【東】OG、室屋、【鹿】金崎
8A ●0-1 C大阪 【C】高木
L4H △2-2 横浜FM 【東】富樫、梶山、【横】伊藤2
9A ○1-0 清水  【東】永井
 前節はゴール前での攻防が繰り広げられるスリリングな展開となりましたが、後半14分に永井がスピードを生かして先制点を奪うと、その後はがっちりゴールに鍵をかけて逃げ切っています。広島同様に徐々に新監督の戦術が浸透してきているFC東京は、チームの雰囲気も良くなっているはず。1位と2位の対戦とは言え勝点差は9ありますが、これ以上広島に離されないためには明日は絶対に勝利する、と言うつもりで準備しているに違いありません。
 対するサンフレッチェですが、2週間前の横浜FM戦では先発6人を入れ替えて戦っています。従って明日も選手の状態を見て、鳥栖戦から半分ぐらい入れ替えて戦う、と考えた方が良さそう。ただコンディションが優先されるため先発を読むのはなかなか難しいので、希望を込めて次のように予想しておきます。
       林

和田  野上  吉野 佐々木

   松本    稲垣

 川辺     Fシウバ

    ムイ  工藤

SUB:中林、水本、馬渡、柏、青山、柴崎、パトリック
 先週は今季初めての敗戦を喫した「カップ戦組」としては、少しでも早くその悔しさを晴らしたいところだと思われます。明日出場機会をつかむことができたなら、いつも以上に気合いの入ったプレーでチームを勝利に導いて欲しい、と思います。

|

« 紫熊倶楽部5月号 | トップページ | 高円宮杯PLウェスト第3節名古屋U-18戦 »