« 第9節鳥栖戦 | トップページ | FC東京戦に向けて »

2018/04/23

紫熊倶楽部5月号

先々週発売された「紫熊倶楽部」の5月号(vol.243)を紹介します。最初の記事は編集長のコラム。「熱き情熱のサッカーを表現するインテンシティ」と言うタイトルで、城福監督が追い求めている「インテンシティの高いプレー」が好調要因である、と書いています。これに続く今月の1本目のメイン記事で取り上げられているのは青山選手。昨年の出来事はほとんど覚えていない、と言っていたキャプテンの復活への道のりを描いています。これに続く2本目のメイン記事は、野上選手の「僕が生きる場所」。昨年はボランチで起用されることが多く不完全燃焼気味だった彼が、センターバックのポジションを「本来の場所」だ、と語っています。

 モノクロ記事で取り上げられているのは、クラブ史上はじめてユース兼任コーチとなった沢田コーチと、彼が率いる広島ユースの今年の戦いについて。また顧客戦略部の常森さんの「お客様を笑顔にすることで僕も仕事を楽しみたい」と言う記事と、私たちのスタジアムの提案を受け付ける「まちSTA!プロジェクト」の記事が続きます。

 「READERS AREA」を挟んでアウェイ見聞録は「住みたい街第6位」に輝く川崎への旅。MATCH REPORTはG大阪戦、鹿島戦、名古屋戦、磐田戦、川崎F戦、浦和戦、柏戦。囲み記事でエディオンスタジアム名物の「すじ煮込みうどん」を取り上げています。

 「紫熊戦士たちの物語」は和田選手と川井選手。「サポーターのみなさん、あなたのバッグを見せてください」と言う記事では、子供の頃からずっと応援している、と言う郁さんのグッズを見せてもらっています。そして最後はいつものように「SIGMA CALENDER」と「紫熊短信」となっています。

 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は定価360円。ホームゲーム会場とV-POINT、及び広島県内の主要書店で販売中です。またe-VPOINTでも購入可能ですが送料がかかるので、遠隔地に在住の方には定期購読をお勧めします。

|

« 第9節鳥栖戦 | トップページ | FC東京戦に向けて »