« 2018年1月 | トップページ

2018/02/18

宮崎産業経営大との練習試合

昨日の宮崎産業経営大との練習試合は4-2で勝ちました。公式サイトによると先制点は前半8分で、前線からのプレスでボールを奪うとショートカウンターからフェリペ・シウバがGKとの1対1を冷静に決めました。しかし15分に同点に追いつかれると前半は1-1で折り返しました。後半は6分に工藤のシュートのこぼれ球を森島が押し込んで勝ち越したものの14分に再び同点に追いつかれてしまいましたが、18分と40分に渡がゴールを決めて突き放しました。

 この日で宮崎キャンプを打ち上げて、今日は午後1時から山口市の維新みらいふスタジアムでレノファ山口との練習試合が行われます。この試合はモバイルサイトで速報を行うほか、スカパー!のch580とCS800で生中継が予定されています。またスカパー!オンデマンドでも放送されますので、お見逃し無く。

|

2018/02/17

鹿島戦応援ツアー

プレスリリースによると、3/10(土)に行われる鹿島戦の「東京駅発日帰りバスツアー」の募集が始まりました。日程は3/10の9時45分に東京駅に集合し、12時ごろカシマスタジアムに到着。3時からの試合を観戦して、8時半頃東京駅に戻ってくる予定です。料金はチケット付きが9,300円、無しが7,000円。参加者全員に記念バッジがプレゼントされるほか、車内では試合予想クイズなども行われます。お申し込みは西鉄旅行のホームページからどうぞ。

 なお、東京駅とカシマスタジアムの間には路線バスも走っていて、こちらは大人片道2,300円、小人片道1,150円で乗ることができます。また羽田空港や京成成田駅、東京ディズニーリゾートや茨城県内各地からも出ていますので、詳細は鹿島公式サイトをご覧下さい。

|

宮崎キャンプ8日目

公式サイトによると、1日休みを取って練習再開となった昨日は午前のみのトレーニングとなりました。前々日の岡山戦の1本目ではパススピードが上がらず苦戦したのを受けて、昨日の練習では監督の「テンポ」の声が連発されていたとのこと。6対6のパスゲームの後には紅白戦で攻撃の連係を入念に確認し、「パスサッカーの質を追求する一日」になったそうです。

|

2018/02/16

土曜日の練習試合の相手

プレスリリースによると、未定となっていた明日のトレーニングマッチの相手は宮崎産業経営大になりました。

|

2018/02/15

岡山との練習試合

昨日シーガイアで岡山とのトレーニングマッチを45分×3本行い、1本目と2本目は共に1-0、3本目は2-2でトータルスコア4-2となりました。モバイルサイトによると、1本目のメンバーは次のような感じだったと思われます。
       林

和田  野上  水本 佐々木

    青山  稲垣

 川辺         柏

    パト  ムイ
 立ち上がりに柏がフリーでヘディングシュートを放つなどチャンスを作った広島でしたが、悪いボールの失い方が多かったようで何度もカウンターからピンチを招いたそうです。またコンパクトなゾーンも形成できず、林のスーパーセーブに救われるシーンもあったようですが、40分に柏のクロスにパトリックが頭で合わせて先制点を奪いました。
 続いて2本目のメンバーは次の通り。
      中林

丹羽  千葉  吉野  和田
            (→馬渡26分)
    青山  稲垣(→森島26分)
    (→松本26分)
 川辺         柏(→柴崎26分)
 (→Fシウバ26分)
    パト  ムイ(→渡26分)
    (→工藤26分)
 得点は36分で、ペナルティエリア前のFKを馬渡が蹴り、GKが弾いたかに見えたもののゴールラインを割っていて得点が認められました。
 3本目は2本目途中のメンバーからスタートして、プレスやビルドアップが効いてペースを握ると、17分にスルーパスを受けた工藤がゲット。続いて23分にはフェリペ・シウバのサイドチェンジから柴崎のクロスを渡が決めました。その後24分にはメンバーを入れ替えて、次の布陣になりました。
      大迫

川井  川村  荒木  馬渡

    松本  森島

 Fシウバ      山崎

    工藤   渡

#荒木は練習生、山崎はユース
 この後も広島は松本の2本の決定機などチャンスを作ったものの決め切れず、逆に42分に末吉、44分に福元に決められて2点を失いました。
 公式サイトによると1本目では課題が多く出て城福監督も「内容を整理しないといけない」と語っていたそうですが、4人のFWのうち3人が得点するなど競争が激化しているのは良い傾向だと言えるでしょう。おそらく1本目のメンバーが開幕戦の有力候補と言うことだと思いますが、山口とのPSMや今後の練習次第でかなりの入れ替えがあるかも知れません。

|

2018/02/14

宮崎キャンプ5日目

公式サイトによると、宮崎キャンプ5日目の昨日は岡山との練習試合に備えて午前練習のみで終了しました。

|

2018/02/12

宮崎キャンプ3日目

宮崎キャンプ3日目の昨日は気持ちの良い日差しが降り続く中、午前中に全体練習を行うと午後は若手など一部の選手がトレーニングしました。公式サイトによると午前中は軽めのメニューだったとのこと。午後は仙台戦で45分以上プレーした選手はオフとなり、短かった選手が1時間半にわたってみっちりと鍛えて日程を終えたそうです。また中国新聞とモバイルサイトによると加藤GKコーチはiPadで選手のフォームを撮影し、確認しながら指導しているそうです。

|

2018/02/11

仙台との練習試合

昨日仙台との練習試合を45分×4で行い、最初の2本(1試合目)は0-1で敗れましたが3本目と4本目(2試合目)は5-0で勝ちました。モバイルサイトによると、1試合目のメンバーは次の通り。
       林

丹羽  野上  水本 佐々木
(→馬渡73分)
      青山(→吉野68分)

   川辺    稲垣

柴崎           柏

     パトリック
    (→ティーラシン61分)
 中国新聞によるとこの試合はパスミスが多かったそうで、中盤で奪われてカウンターを受けるシーンが多かったとのこと。運動量も上がらず課題ばかりが目立ったそうです。失点は前半40分で、カウンターから野津田のクロスを阿部に決められてしまいました。そして後半は何度かチャンスを作ったものの決められず、逆にCKからのこぼれを林がビッグセーブするシーンなどもあってそのまま敗れました。
 2試合目のサンフレッチェのメンバーは次の通り。
      中林

馬渡  千葉  吉野  和田
(→川村72分) (→荒木66分)
    松本  森島

渡         Fシウバ

  工藤   ティーラシン
       (→川井HT)
 1点目は前半11分で、馬渡のクロスを工藤が落とし、それをティーラシンが決めました。その後もティーラシンや工藤のシュートなどのチャンスを作り、26分には馬渡のCKを工藤が決めます。その後もティーラシンや森島が決定機を迎えながらも追加点を奪えず、後半立ち上がりにはピンチにもなったもののそれを凌ぐと、後半18分に渡が素晴らしいループシュートを決め、21分にはフェリペ・シウバがドリブルから強烈な左足シュートでゲット。更に35分には森島のサイドチェンジからフェリペ・シウバのクロスを工藤が頭で押し込み試合を締めました。
 城福監督は試合後に「どういう組み合わせでどういう立ち位置がいいのか、参考になった」と語っていたので、この試合の結果を受けて「レギュラー組」の組み合わせが大きく変わる可能性もありそうです。

|

2018/02/10

宮崎キャンプ開始

サンフレッチェのスタッフと選手(体調不良の森崎和と学校行事の川井、川村を除く)は昨日、午前の便で広島を発って昼過ぎに宮崎に到着しました。そして夕方からの練習ではいくつかのパターンで紅白戦を実施し、守備戦術を確認するなど「実戦モード」でトレーニングをしたそうです。今日の仙台との練習試合は45分×4本で行われるとのことなので、チームを2つに分けて「90分を戦えるコンディションを作ること。戦術の理解度を深めること。両方を追い求める」(城福監督)ことになりそうです。

|

2018/02/09

清神社必勝祈願

サンフレッチェの選手とスタッフ約50人は昨日、恒例の清神社参拝と必勝祈願を行いました。中国新聞によると選手たちはほら貝の音に合わせて入場すると、青山、千葉両選手が絵馬を奉納。また神事の後に城福監督が、毛利元就役から3本の矢を授けられました。

|

ホームゲーム駐車場を事前予約制に

サンフレッチェは昨日、今季からエディオンスタジアム広島でのホームゲームの駐車場を有料の事前予約制にする、と発表しました。中国新聞によると、広島広域公園近辺は宅地開発が進み、最大で3,200台分あった駐車場が半減してしまったとのこと。2万人前後の入場者があると臨時駐車場が溢れて、近隣の渋滞を引き起こす事態にもなっていたそうです。ファン・サポーターからはこの状況に「観戦に来たけれども駐車場が満車で試合を見ずに帰らざるをえなかった」「小さい子どもがいるのでそんなに早くスタジアムに行けない」などの声が寄せられていたそうで、安心して来場できる観戦環境を提供するために事前予約制を導入することにしたとのこと。予約は2/13(火)の12時以降に軒先パーキングからできるようになるそうですので、ホームゲームで観戦予定の方は早めにご予約下さい。

|

2018/02/08

ティーラシン入団会見

サンフレッチェは昨日、ティーラシン選手の新入団記者会見を行いました。広島にはムアントンのワクソン・ロートン副社長も同行していたそうで、中国新聞によると原爆慰霊碑への献花や原爆資料館の見学などを行ったそうです。公式サイトによると、ACLでの対戦を通じて「Jリーグはレベルが高く、クオリティの高いチームばかり」だと感じていたそうですが、得点力やキープ力などの特徴を活かしてチームに貢献したい、と語っています。キャンプの途中からの合流となりましたが、身体はできているので開幕から活躍する姿を見ることができるのではないでしょうか。

|

2018/02/07

第16回サポーターズ・カンファレンス議事録

1/20に行われた「第16回サポーターズ・カンファレンス」の議事録がアップされていたので紹介します。今回の掲載されているテーマは「サッカースタジアム建設」「試合運営」「顧客戦略部の取り組み」の3つ。まず「サッカースタジアム建設」については、政府の「未来投資戦略2017」の中に「スタジアム・アリーナを2025年までに新たに20拠点、実現する」ことなどを例にあげて、「日本という国全体に、スタジアム建設に対して...追い風が吹いている」と始めています。そして広島でのサッカースタジアム建設については「市内中心部に建設する」と言う立場を堅持しながら、国内外の先進事例の収集や関係省庁・研究機関・民間事業者とのネットワーク作りを進めているとのこと。またサポーターの意見なども集めながら具体化して行きたいとのことで、「ファン・サポーター、広く県民、市民の皆さんに喜んでいただける、新しいサッカースタジアム建設の早期実現。これが変わらぬ我々の願いです」と結びました。

 続いて試合運営については、山西運営部長が「試合運営関連」「交通アクセス」「施設改善」について質問に答える形で話しました。この中で特に影響が大きそうなのは臨時駐車場の運営について。4月に西風新都にアウトレットモールがオープンすること等から臨時駐車場が使用できなくなる可能性があるため、来場前に予約ができるサービスを検討しているそうです。

 3つ目の「顧客戦略部の取り組み」は信江部長がこれまでの観客動員を振り返るとともに、今後の観客動員数増に向けての取り組みについて説明しました。

 そして最後の質疑応答では、試合会場の運営やマスコットの活用方法、GKユニフォーム販売の可否、サッカー専用スタジアムの進め方等の質問だけでなく、「宮吉選手がなぜ札幌に移籍したか」などの質問にも答えています。

 なお、最初に見たときには「チーム強化と選手育成について」と言う項目もあったはずなのですが、今見ると無くなっているのが残念。何か差し障りがあったのかも知れませんが、サポーターとしては一番知りたいことなだけに、ぜひとも公開して欲しいものです。

|

2018/02/06

PSMムアントン戦

昨日行われたムアントン・ユナイテッドとのプレシーズンマッチは、ティーラシンのゴールで1-0で広島が勝ちました。広島の前半のメンバーは次の通り。
       林

丹羽  野上  水本 佐々木

      吉野

   川辺    稲垣

森島           柏

       渡
 対するムアントンはティーラシンや青山直らが先発メンバーに並びました。立ち上がりから広島がボールを握る時間が長かったものの、最初の決定機はムアントン。3分にCKから決定的なシュートを打たれましたが林が反応します。逆に5分には川辺のスルーパスで稲垣がフリーになり、ペナルティエリア内からシュートしましたが枠外。7分には柏が、8分には稲垣がシュートしましたがGKが抑えます。また10分には柏のクロスから渡が決定機をつかみましたがファウルを取られます。更に16分には渡のシュートがブロックされ、稲垣が決定機を迎えましたがGKが弾きます。22分にはムアントンにミドルを打たれましたが林がキャッチし、43分にはFKから決定的なヘッドを打たれましたが枠外に外れて助かります。前半は広島が何度かあった決定機をものにできず、相手のシュートミスにも助けられてスコアレスで折り返しました。
 後半に入ると広島は半分を入れ替えて、次の布陣で戦いました。
       林(→中林67分)

佐々木 千葉  水本  高橋
(→馬渡67分)
    稲垣  川辺(→和田78分)

   柴崎     柏(→Fシウバ67分)

  ティーラシン
      パトリック(→工藤78分)
 後半最初にチャンスを作ったのは広島で、1分に川辺がフリーでシュートを放ちましたが枠外に外れます。続いて3分にはCKから千葉が頭で合わせましたがGK。また12分には柴崎の横パスを受けたティーラシンが左足でシュートしましたが枠外に外れます。その後はムアントンに攻め込まれるシーンもありましたが、後半29分に相手のパスカットからパトリックが持ち上がり、柴崎の展開を受けた馬渡のクロスをティーラシンが決めて先制点を奪いました。その後はムアントンに攻め込まれるシーンが増えて、後半アディショナルタイムには千葉のパスミスから決定的なシュートを打たれたものの中林がセーブし、1点リードのまま試合を締めました。
 前半から川辺、吉野、渡。後半にティーラシン、馬渡、和田と新戦力が起用されましたが、その中で特に良いプレーを見せたのは川辺だったと思います。立ち上がりから中盤に君臨して攻守にリーダーシップをとり、前半のほとんどのチャンスに絡んでいました。技術も運動量も中心選手にふさわしいもので、磐田の3年間で自信とスキルを身に付けてきたことが如実に分かるプレーだったと思います。またティーラシンはサンフレッチェに合流してからまだ5日目とは思えない感じで、技術だけでなくクレバーさも持っている選手だと言うことが分かりました。その他の選手もそれぞれで持ち味を発揮して、昨年と比較して戦力的な上積みは大きいように感じました。
 ただその一方で、決定機を作りながらも決めきれないと言うのは相変わらず。また無失点に抑えたとは言えセットプレーでフリーで打たれたり、あるいはパスミスからピンチを作ったりと守備の不安定さを見せたのも不安材料だと言えそうです。まだメンバーが固まっていないことや、コンディション調整の途上にあることなどを差し引いても、まだまだやるべきことは多いような印象を受けました。開幕まで残り3週間弱。宮崎ではある程度メンバーを固定して、戦術を落とし込むための練習が続くことになりそうです。

|

2018/02/05

ムアントン戦の前日会見

昨日、ムアントン・ユナイテッドのホームのサンダードームスタジアムで、プレシーズンマッチ「Jリーグ・アジアチャレンジ2018 in Bangkok」の前日記者会見が行われました。会見に出席したのは広島側からは城福監督とティーラシン選手、ムアントンはシーバーン監督と青山直晃選手。モバイルサイトによると国民的英雄の広島での最初の試合ということで、多くの地元メディアが詰めかけました。この中で明らかになったのはティーラシンの起用法。なんと前半の10分間はムアントンで出場し、その後ユニフォームを着替えて広島の選手としてプレーするそうです。ACLのプレーオフから帰国して疲れが取れていないムアントンと、まだメンバーも固まっていない広島の対戦となりますが、いろいろと見どころの多い試合になりそうです。

|

練習試合の予定

明日タイから帰国予定のサンフレッチェは1日のオフを挟んで次のラウンドに突入しますが、9日からの宮崎キャンプの予定が公式ページにアップされています。それによると、開幕前の練習試合の日程は次の通り。
2/10(土)12:00 仙台(シーガイア スクエア1)
2/14(水)11:00 岡山(シーガイア スクエア1)
2/17(土)未定
2/18(日)13:00 山口(維新みらいふスタジアム)

|

2018/02/04

ムアントン・ユナイテッド戦をDAZNが配信

明日はムアントン・ユナイテッドとのプレシーズンマッチが行われますが、プレスリリースによるとこの試合がDAZNで配信されることが決まりました。ティーラシンの広島移籍後初の試合と言うことで、タイ国内では大きな注目を集めているとのこと。サンフレッチェとしても新戦力のフィットの具合や2連敗で出てきた課題をどう解決したかなど、いろいろと注目点の多い試合となります。通常の90分間の試合ではあるものの登録人数も交代人数も無制限とのことで、いろいろな組み合わせを見ることができそうです。

|

マスコット総選挙中間発表

先日Jリーグマスコット総選挙の中間発表が行われましたが、昨年1位だったサンチェはレノ丸(山口)、グランパスくん(名古屋)の後塵を拝して3位となっています。投票はJリーグ公式サイトの投票ページのほか、TwitterやLINEを使った方法もあるとのこと。投票締め切りは明日となっていますので、ぜひご協力を。

|

2018/02/03

タイキャンプ7日目

タイキャンプ7日目の昨日は午前は一部指定選手のみのトレーニングで、全体練習は午後からとなりました。公式サイトによると特に注目を集めたのはティーラシン。午前の練習から参加すると、午後もフルメニューを消化してチームに溶け込もうとしていたそうです。ただその一方で負傷者が増えてきたようで、練習試合で古傷の右膝を痛めたパトリックと慢性疲労症候群の初期症状が出てきたと言う森崎和も休養。更に青山も紅白戦で腰を痛めて練習を途中で切り上げて、今日にも精密検査を受けるとのことです。

|

2018/02/02

パタヤ・ユナイテッドとの練習試合

タイキャンプ6日目の昨日は2試合目の練習試合をパタヤ・ユナイテッドと戦い、1-2で敗れました。モバイルサイトによるとメンバーは、GK:林、DF:丹羽、野上、水本、佐々木、MF:青山、稲垣、柴崎、FW:柏、パトリック(→渡32分)、川辺(→フェリペ・シウバ32分)。序盤からペースをつかんだのは広島で、7分にはFKから野上が決定的なシュートを放ちましたが枠外。15分には丹羽のクロスを川辺がシュートするなどチャンスを作りましたが得点できず、逆に22分に強烈なミドルシュートを叩き込まれて先制を許して0-1でハーフタイムを迎えました。後半はほぼ全員を入れ替えて、GK:中林、DF:和田、千葉、吉野、高橋、MF:馬渡、森島、稲垣(→川辺60分)、フェリペ・シウバ(→野上75分)、FW:工藤、渡。後半は相手にリズムを作られる時間帯があったものの、後半20分に高橋のクロスを工藤がダイビングヘッドで決めて同点に追いつきました。その後も馬渡のクロスから渡のヘッドなどでチャンスを作りましたが、後半35分に千葉がボールを失ったところからPKを与えてしまったとのこと。PKは中林が止めたもののこぼれを押し込まれて2連敗となりました。

 中国新聞や公式サイトによると崩されたシーンはほとんどなく、失点はミドルシュートとPKだけだったと言うことで、城福監督は内容の向上に手応えを感じているとのこと。攻撃でも守備でも課題を抽出して解決する、と言うことができている様子なので、まずは順調にキャンプを消化している、と言って良さそうです。

|

2018/02/01

ティーラシンと正式契約

サンフレッチェは昨日、ティーラシンとの正式契約を結びました。中国新聞によると、ACL柏戦のために来日していたティーラシンは広島を訪れエディオン蔦屋家電で契約書にサイン。紫のネクタイを締めて会見に臨み、「スペインやイングランドでもプレーしたが、日本のレベルは高い。新しいチャレンジで成長したい。難しい決断ではなかった」と語りました。ティーラシンは今日からタイキャンプに合流するそうで、「早く一緒に練習したい」と意欲を見せていたそうです。

|

« 2018年1月 | トップページ