« PSMムアントン戦 | トップページ | ティーラシン入団会見 »

2018/02/07

第16回サポーターズ・カンファレンス議事録

1/20に行われた「第16回サポーターズ・カンファレンス」の議事録がアップされていたので紹介します。今回の掲載されているテーマは「サッカースタジアム建設」「試合運営」「顧客戦略部の取り組み」の3つ。まず「サッカースタジアム建設」については、政府の「未来投資戦略2017」の中に「スタジアム・アリーナを2025年までに新たに20拠点、実現する」ことなどを例にあげて、「日本という国全体に、スタジアム建設に対して...追い風が吹いている」と始めています。そして広島でのサッカースタジアム建設については「市内中心部に建設する」と言う立場を堅持しながら、国内外の先進事例の収集や関係省庁・研究機関・民間事業者とのネットワーク作りを進めているとのこと。またサポーターの意見なども集めながら具体化して行きたいとのことで、「ファン・サポーター、広く県民、市民の皆さんに喜んでいただける、新しいサッカースタジアム建設の早期実現。これが変わらぬ我々の願いです」と結びました。

 続いて試合運営については、山西運営部長が「試合運営関連」「交通アクセス」「施設改善」について質問に答える形で話しました。この中で特に影響が大きそうなのは臨時駐車場の運営について。4月に西風新都にアウトレットモールがオープンすること等から臨時駐車場が使用できなくなる可能性があるため、来場前に予約ができるサービスを検討しているそうです。

 3つ目の「顧客戦略部の取り組み」は信江部長がこれまでの観客動員を振り返るとともに、今後の観客動員数増に向けての取り組みについて説明しました。

 そして最後の質疑応答では、試合会場の運営やマスコットの活用方法、GKユニフォーム販売の可否、サッカー専用スタジアムの進め方等の質問だけでなく、「宮吉選手がなぜ札幌に移籍したか」などの質問にも答えています。

 なお、最初に見たときには「チーム強化と選手育成について」と言う項目もあったはずなのですが、今見ると無くなっているのが残念。何か差し障りがあったのかも知れませんが、サポーターとしては一番知りたいことなだけに、ぜひとも公開して欲しいものです。

|

« PSMムアントン戦 | トップページ | ティーラシン入団会見 »