« 第12節甲府戦 | トップページ | 「自分を取り戻した塩谷司」 »

2017/05/22

U-20W杯南アフリカ戦

昨日U-20ワールドカップの初戦を戦ったU-20日本代表は、逆転で南アフリカを下して好スタートを切りました。この日のメンバーは、GK:小島、DF:初瀬、冨安、中山、舩木、MF:堂安、板倉(→原45+2分)、坂井、三好(→久保59分)、FW:小川、岩崎(→遠藤68分)。立ち上がりからリズム良く攻めた日本でしたが、前半7分に南アフリカのシュートのこぼれが冨安に当たってしまい、オウンゴールで先制点を許してしまいました。その後日本は危ないシーンを防ぐと小川のクロスバー直撃のシュートや板倉のヘッドなどでチャンスを迎えながらも決めきれず、1点のリードを許して前半を折り返しました。そして後半早々に舩木のクロスを小川が押し込むと、これがビデオ判定でゴールと認められて同点に追いつきました。そしてその後はオープンな展開となり両チームともビッグチャンスを迎えながら追加点が奪えないままに推移しましたが、後半26分に途中投入の久保が左サイドに抜け出して折り返すと、これを堂安が決めて勝ち越します。そして終盤は攻め込まれましたが全員で凌ぎ、試合終了のホイッスルとなりました。

|

« 第12節甲府戦 | トップページ | 「自分を取り戻した塩谷司」 »