« U-20W杯南アフリカ戦 | トップページ | 浦和戦応援ツアー »

2017/05/23

「自分を取り戻した塩谷司」

サッカーダイジェストWebの記事によると、低迷するチームに強い責任を感じていた塩谷選手は、甲府戦の4日前に森崎和幸選手の言葉が立ち直りのきっかけになったのだそうです。チームの調子が上がらないだけでなく自らが失点の原因になってしまう、と言う状況に苦しむ塩谷は、森保監督に「メンバーから外してもらっても構わない」とまで伝えたそうですが、森崎和から「サッカーを楽しんでいないのでは」と声を掛けられたのはその直後だったとのこと。それによってもう一度自分自身を見つめ直し、甲府戦に集中できたことが勝利の要因だったそうです。「楽しんでいない」と言う言葉はFC東京戦の直後に高萩選手も言っていたので誰が見てもそうだったのかも知れないのですが、やはり信頼するチームメイトから言われたことが大きかったのかも。報道によると先週の練習では森崎和を中心にいろいろな会話が交わされていたそうなので、それによってチーム全体が本当の意味で同じ方向を向くことができたのではないでしょうか。甲府戦の勝利でようやくトンネルを抜け出すきっかけを掴んだ広島ですが、重要なのはこれを続けて行けるか、でしょう。今週末の磐田戦は、前節以上に重要な試合になるのは間違いありません。

|

« U-20W杯南アフリカ戦 | トップページ | 浦和戦応援ツアー »