« 9人と契約更改 | トップページ | U-18代表に長沼 »

2014/12/19

U-21代表バングラデシュ戦

タイ・バングラデシュ遠征中のU-21日本代表は昨日バングラデシュ代表(A代表)と親善試合を行い、浅野の2ゴール1アシストの活躍で快勝しました。日本サッカー協会によるとメンバーは、GK:櫛引、DF:山中(→亀川HT)、奈良、岩波(→三浦78分)、松原(→室屋73分)、MF:原川(→井手口68分)、遠藤、矢島(→鈴木61分)、FW:南野、荒野(→浅野58分)、久保(→豊川HT)。デコボコのピッチに2万人近いバングラデシュサポーター、と言う完全アウェイの環境に最初はなかなかリズムがつかめなかったそうで、8分には久保のシュートがゴールネットを揺らしたもののオフサイド。16分には荒野、19分には山中、38分には南野のシュートがいずれもGKに弾かれるなどなかなかゴールを割れず、前半はスコアレスに終わりました。後半はバングラデシュに疲れが出たかU-21代表が圧倒的に攻め込んだそうで、均衡を破ったのは後半14分。原川のスルーパスで抜け出した浅野がワンタッチで流し込んで、先制点を奪いました。続いて後半27分には鈴木のパスを浅野が落とし、これを南野が決めて追加点。その3分後には南野のマイナスのパスに浅野が合わせてダメを押しました。

|

« 9人と契約更改 | トップページ | U-18代表に長沼 »