« ドンナイFCとの練習試合 | トップページ | ベトナム遠征3日目 »

2014/12/13

原が熊本に移籍

サンフレッチェとロアッソ熊本は昨日、原裕太郎選手の完全移籍を発表しました。

 原選手はサンフレッチェくにびきJrユースからサンフレッチェユースを経て2009年にトップ昇格。その年のナビスコカップの大分戦では若手中心に起用される中で先発して、勝ち点1獲得に貢献しました。またその1ヶ月後の磐田戦では下田、佐藤昭、中林が次々と怪我をしたこともあってリーグ戦で初めて先発フル出場しましたが、その後はなかなかレギュラー陣の壁を超えることができずベンチを暖める日が続き、2013年の大宮戦で増田が富山との激突で途中退場したあとに6分間出場しただけにとどまりました。

 U-15からU-21まで各年代の年代別代表に選ばれるなど、プロ入り前から潜在能力の高さを見せていた原でしたが、1人しかプレーできない、と言う特殊なポジションであるGKゆえの苦しさはあったのではないかと思います。ただ、ずっと下田や西川、林ら日本代表クラスのGKと切磋琢磨してきた経験はきっと今後生きるはず。新天地でもその天性の明るさでチームに馴染んで、ポジションをつかんで欲しいと思います。

|

« ドンナイFCとの練習試合 | トップページ | ベトナム遠征3日目 »