« 優秀選手賞に水本と塩谷 | トップページ | Jリーグアウォーズ »

2014/12/09

森保監督シーズン総括会見

森保一監督は昨日広島市内のホテルで「2014シーズン総括会見」を行いました。それによるとまず「チームとして満足した結果は得られなかった」としながらも、ナビスコカップ準優勝やACLベスト16などの結果を残したことで「成長が見られた1年」だったと総括。若手についても「チームの底上げができた」と評価しました。ただ先制点を奪われることの多かったことについては「しっかりと反省しなければならない」として、来年に向けて守備と攻撃の両面での強化を目標に挙げました。そして「来年も素晴らしい選手がサンフレッチェのユニフォームを着て戦ってくれると思っていますし、サンフレッチェで戦いたいと思っている選手とともに、少しでもいい結果を残せるように頑張ります」と語っていますが、その言葉の裏には移籍報道で揺れる選手へのメッセージが込められているような気がします。チームは今日から若手選手中心でベトナムに遠征しますが、「より多くの経験をすることで、チーム底上げに」つなげて欲しいもの。そして来季も再び優勝を争えるようなチームを作って欲しいと思います。

|

« 優秀選手賞に水本と塩谷 | トップページ | Jリーグアウォーズ »