« 高円宮杯PL第14節、第15節 | トップページ | J1クラブライセンス交付 »

2014/10/02

日本代表に水本と塩谷

日本サッカー協会は昨日ジャマイカ戦、ブラジル戦を戦う日本代表を発表し、広島からは水本と塩谷が選ばれました。今回選ばれたのは次の23人。
【GK】川島(Sリエージュ)、西川(浦和)、権田(FC東京)
【DF】水本、塩谷(広島)、太田(FC東京)、長友(インテル)、
    西、昌子(鹿島)、吉田(サウサンプトン)、
    酒井高(シュトゥットガルト)
【MF】細貝(ヘルタ)、森重(FC東京)、田中(スポルティング)、
    香川(ドルトムント)、森岡(神戸)、柴崎(鹿島)
【FW】岡崎(マインツ)、本田(ミラン)、ハーフナー(コルドバ)、
    小林(川崎F)、柿谷(バーゼル)、武藤(FC東京)
 先月の代表メンバーから林(鳥栖)、酒井宏(ハノーファー96)、坂井(鳥栖)、松原(新潟)、長谷部(フランクフルト)、扇原(C大阪)、大迫(1FCケルン)、皆川(広島)が外れ、権田、太田、西、香川、ハーフナーが復帰。また塩谷、昌子、小林が新たに選ばれています。アギーレ監督は新たに選ばれた選手について「Jリーグの視察を続けているが、その中で非常にいい貢献をし、チームの結果に関わらず、パフォーマンスを維持できる選手達」とコメントするとともに、「今回メンバーに入っていない選手を絶対に呼ばないということはない。門は開いている」と述べています。前回に引き続いて選ばれた水本も4月の代表合宿以来の選出の塩谷も、持ち味を発揮して頑張ってきて欲しいと思います。
 ところでモバイルサイトによると森保監督は2人の選出について「本当に喜ばしい」と語りながらもナビスコカップのメンバーについては頭を痛めている様子。U-19代表の宮原とともにDFラインから3人が不在で丸谷も負傷離脱中と言うことで、DFの絶対数が少ない状況で戦わなければなりません。森保監督は「彼らの代表入りのニュースを聞いて10分間システムも含めて考えた」とのことですが、今のままのシステムで戦うのか、それとも4バックに変更するのか、柏の出方も見ながらぎりぎりまで考えることになりそうです。

|

« 高円宮杯PL第14節、第15節 | トップページ | J1クラブライセンス交付 »