« AFC U-19選手権韓国戦 | トップページ | Jユース杯鳥栖戦 »

2014/10/15

日本代表ブラジル戦

昨日日本代表はシンガポールでブラジル代表と対戦しましたが、ネイマールに粉砕されて0-4で敗れました。日本代表はジャマイカ戦から半分を入れ替えて、GK:川島、DF:酒井高、塩谷、太田、MF:森重、柴崎(→鈴木84分)、田中(→細貝69分)、森岡(→本田HT)、田口、FW:岡崎(→柿谷78分)、小林(→武藤52分)。試合は序盤からブラジルがペースをつかみ、前半18分にジエゴ・タルデッリのスルーパスで抜け出したネイマールが酒井高の追走を振り切って抜け出し、GKもかわして先制点を奪いました。日本代表はメンバーを入れ替えた影響か、あるいは荒れたピッチに苦しんだかなかなか攻撃の形を作れず、決定機と言えば24分の小林のシュートだけ。この流れは本田を投入した後半も変わらず、3分には柴崎のパスミスからコウチーニョのパスで抜け出したネイマールに2点目を決められます。その後も何度も決定的なシュートを打たれつつも耐えましたが、32分にマリオ・フェルナンデスのシュートのこぼれをネイマールに押し込まれ、その3分後にもネイマールに決められ力尽きました。

 私はこの試合はダイジェスト映像も見ていないので文字情報で想像するしかないのですが、ブラジル相手に本田や長友を外し、経験の浅いメンバーを半分(森岡、小林、田口、太田、塩谷はいずれも代表2試合目)も入れたのではこのような結果になるのも当然でしょう。アギーレ監督は言わばブラジル戦をテストのために使ったわけで、結果についてとやかく言うことはできません。この試合の経験がプラスになるのかマイナスになるのかは、この後の選手選考とアジアカップの結果を見てから、ということになるでしょう。願わくばジャマイカ戦につづいてフル出場した塩谷が、この経験を生かして大きく成長して欲しいもの。次に対戦する時にはネイマールをも唸らせるようなプレーを見せることができるようになって欲しいと思います。

|

« AFC U-19選手権韓国戦 | トップページ | Jユース杯鳥栖戦 »