« ナビスコ杯準決勝2nd leg柏戦 | トップページ | AFC U-19選手権韓国戦 »

2014/10/13

AFC U-19選手権ベトナム戦

一昨日「AFC U-19選手権ミャンマー2014」のグループステージ第2戦を戦ったU-19日本代表は、後半アディショナルタイムの2得点でベトナムを振り切って今大会初勝利を挙げました。この日のU-19代表のメンバーは、GK:中村、DF:広瀬(→石田56分)、中谷、三浦、坂井、MF:関根、川辺(→望月83分)、井手口、松本昌(→奥川HT)、FW:南野、越智。JFAの公式サイトによると前半から攻勢に出た日本は30分過ぎに松本昌がシュートしたもののポストを叩く、などチャンスを迎えながらもなかなか得点できなかったそうです。しかし後半14分、途中交代で入った奥川がこぼれ球を拾ってそのまま決めて先制点を奪いました。しかしその後はチャンスを作りながらも追加点を加えることができず、しかも後半43分に奥川が負傷退場して10人になってしまいました。更に後半45分にはカウンターから同点に追いつかれて絶体絶命のピンチになってしまいましたが、ところがそこから反発して90+4分に南野のクロスを中谷が頭で決めて勝ち越し。更にアディショナルタイム6分には井手口がドリブル突破からシュートを決めて試合を決めました。グループステージ最終戦の韓国戦は今日の3時半から。中国がベトナムに引き分け以上の場合は、勝てなければグループステージでの敗退が決まります。

|

« ナビスコ杯準決勝2nd leg柏戦 | トップページ | AFC U-19選手権韓国戦 »