« 第28節名古屋戦 | トップページ | ナビスコ杯決勝と甲府戦の応援ツアー »

2014/10/20

AFC U-19選手権北朝鮮戦

金曜日にAFC U-19選手権ミャンマー2014の準々決勝を戦ったU-19日本代表はPK戦の末北朝鮮に敗れ、4大会連続でU-20W杯進出を逃しました。この日のU-19代表のメンバーは、GK:中村、DF:石田、中谷、内山、宮原、MF:関根(→坂井69分)、川辺(→望月118分)、井手口、金子、FW:南野、オナイウ(→北川HT)。日本サッカー協会の公式サイトによると、前半は日本がボールを支配して井手口、オナイウ、関根、南野らがシュートまでの形を作りながらも決めることができなかったとのこと。逆に前半36分にセットプレーの流れからクロスを押し込まれて先制点を許してしまいました。その後U-19代表は守りを固める北朝鮮に対して攻め込みつつなかなか追いつけませんでしたが。後半38分に金子がペナルティエリアで倒されPKを獲得。これを南野が決めて、同点のまま延長にもつれ込みました。しかしその後は北朝鮮の時間稼ぎとも見えるプレーになかなかリズムを作れず、延長戦でも決着がつかずPK戦に突入。北朝鮮が5人とも決めたのに対して日本は5人目の南野がGKにセーブされて、悔しい敗退となりました。


ゲキサカ 戦評 南野1 南野2 遠のく世界

|

« 第28節名古屋戦 | トップページ | ナビスコ杯決勝と甲府戦の応援ツアー »