« 紫熊倶楽部10月号 | トップページ | 日本代表に水本と塩谷 »

2014/10/01

高円宮杯PL第14節、第15節

先々週から先週末にかけて高円宮杯プレミアリーグウエストの第14節、第15節が行われ、サンフレッチェユースは富山第一高に勝ったものの神戸U-18に敗れ、優勝の可能性が消滅しました。
 まず吉田サッカー公園で行われた第14節の富山第一高戦のメンバーは、GK:白岡、DF:伊藤、荒木、石津、MF:田中、岡村(→佐藤71分)、渡辺、横山、阿部(→加藤陸56分)、津留、FW:椿本。先制点は前半21分で、横山のFKを椿本が繋ぎ、最後は阿部が押し込みました。追加点は後半17分で、CKから荒木がヘディングシュート。続いて29分には石津のシュートのこぼれを拾った渡辺が決め、38分には渡辺のシュートのこぼれを椿本が押し込みました。そして最後は後半45分に横山のクロスを加藤陸が頭でダメ押ししました。
 続いてアウェイで行われた神戸U-18との試合のメンバーは、GK:白岡、DF:伊藤、荒木、石津(→前田75分)、MF:岡村(→力安80分)、渡辺、横山、阿部(→佐藤HT)、津留、FW:椿本、加藤陸。前半18分にパスを奪われてそのまま決められ、28分に2点目、後半22分に3点目を奪われ、攻撃ではシュート5本に抑えられて敗れました。この結果、3試合を残して首位・G大阪ユースとの勝ち点差が11に広がり、優勝の可能性が無くなりました。
【第14節】
東山高    1-2 名古屋U18
広島ユース  5-0 富山第一高
京都橘高   0-1 C大阪U-18
東福岡高   1-2 神戸U-18
G大阪ユース 2-1 京都U-18

【第15節】
東山高    1-5 東福岡高
名古屋U18   2-3 京都橘高
神戸U-18   3-0 広島ユース
C大阪U-18  1-3 G大阪ユース
京都U-18   5-0 富山第一高

         勝点 勝 分 負 得失差
1 G大阪ユース  34   11   1   3   +25
2 神戸U-18    32   10   2   3   +15
3 C大阪U-18   31   10   1   4   +11
4 名古屋U18    28    9   1   5    +5
5 京都U-18    26    8   2   5   +10
5 広島ユース   23    7   2   6    +5
7 東福岡高    22    7   1   6   +10
8 富山第一高    9    2   3  10   -27
9 東山高      6    1   3  11   -30
10 京都橘高     5    1   2  12   -24

|

« 紫熊倶楽部10月号 | トップページ | 日本代表に水本と塩谷 »