« U-17代表に伊藤 | トップページ | 今日の浦和戦 »

2014/03/14

浦和戦に向けて

明日はJリーグ第3節。サンフレッチェはホームに浦和レッズを迎えます。
 昨年はずっと上位を争っていたにも関わらず終盤に大失速して6位に終わった浦和は、今季も西川、青木、李忠成らを補強しました。その上弱点だった守備にもテコ入れして、タイトル獲得を至上命題としてシーズンに臨んでいます。その結果開幕戦では最後まで落ち着いた試合運びで無失点勝利を収めました。ただ、第2節では鳥栖に先制点を許すとその後は分厚い守備を崩すことができずに敗れています。今季のこれまでの戦績は次の通り。
1A ○1-0 G大阪 【浦】槙野
2H ●0-1 鳥栖  【鳥】豊田
 「差別横断幕問題」で揺れる浦和は、当事者を含むグループを無期限の活動停止にしただけでなく、ホーム・アウェイに関わらず横断幕や旗の持ち込みは行わないことに決めたとのこと。また横断幕の掲示だけでなく自チームの選手に対する差別的な行為もあったらしいので、チーム内にも動揺が走っている可能性はあります。ただ、逆にチームとしては試合で結果を出さなければならない、と言う思いも強いはず。明日は昨年までと同様に十分な「広島対策」を練って乗り込んでくるのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、火曜日のACLセントラルコースト・マリナーズ戦から中3日での試合となります。遠征組の疲れが心配ではありますが、30歳以上の選手は広島で調整してきたため彼らを中心にメンバーを選ぶのは間違いなさそうです。と言うことで予想メンバーは次の通り。
        林

    塩谷 千葉 水本

     青山 森崎和

ミキッチ          山岸

    石原    高萩

       佐藤

SUB:増田、丸谷、柴崎、パク、柏、野津田、浅野
 ペトロヴィッチ監督の浦和には、2年前の開幕戦で勝利した後は一度も勝てていないサンフレッチェ。「ミラーゲーム」を仕掛けてくる相手にはいつも苦戦していますが、特にこちらの弱点を知りつくしている相手と言うことで難しい試合を強いられます。ただ、それを上回ることができればチームとしてもう一つステップアップできた、と実感できるはず。明日は今年のスローガン通り「全力」で、浦和の壁を乗り越えて欲しいと思います。

|

« U-17代表に伊藤 | トップページ | 今日の浦和戦 »