« 内田が愛媛に完全移籍 | トップページ | お休み »

2012/01/08

Assist Winter号

年末に出た「Assist Winter号」を紹介します。巻頭記事はペトロヴィッチ前監督の別れの言葉で、タイトルは「さよならは言わない」。「私はいつか広島に戻ってくる」と言う言葉で終えていますが、今季浦和の監督として戻ってくることを思うとやや複雑な思いにとらわれます。これに続くのは佐藤寿人選手と森脇良太選手の対談で、2011年を振り返りながら今季に向けての決意を述べています。またもう一つの対談記事は李忠成選手と西川周作選手で、昨シーズンを振り返りながらベストマッチとベストゴールを選んでいます。また、選手とサポーターが選ぶベストマッチ&ベストゴールも掲載されています。

 森保新監督の就任記者会見の言葉と「おすすめオフィシャルグッズ」を挟んで、「PLAYER'S PRIVATE LIFE」は鮫島選手。前回に続く「ゴールドマンにきいてみよう!」では、中島選手がサポーターの悩みに答えています。森崎浩司選手によるマツダ・アクセラに試乗した記事に続いて、中野和也さんによる「アウェイ見聞録」は仙台編。今回はいつものような食べ物中心ではなく「復興していく街で、考えたこと」と言うタイトルになっています。

 「あの頃、僕は」で取り上げられているのは青山敏弘選手で、テニスや水泳でも才能を発揮しながらサッカーを選んだ小学生の頃のことからハジャスFCに加入した中学時代、作陽高校での経験、そしてプロ入りしてからペトロヴィッチ監督就任まで、青山選手がプロとして成功するまでの「前史」が綴られています。また「横川をぶらり〜サンフレ選手訪問記〜」では西岡選手、大崎選手が「焼肉処 集」を紹介。「ユース情報」では各年代の森山監督、沢田監督、塩崎監督が昨年を振り返っています。

 サンフレッチェアシストマガジン「Assist」は定価350円。e-VPOINT等で発売中です。

|

« 内田が愛媛に完全移籍 | トップページ | お休み »