« 7人と契約更新 | トップページ | 来季の年間日程 »

2011/12/18

高円宮杯U-18連覇

昨日埼玉スタジアム2002で高円宮杯U-18サッカーリーグチャンピオンシップが行われ、サンフレッチェユースが3-1で札幌U-18を下してクラブユース勢としては初の連覇を果たしました。サンフレッチェユースのメンバーは、GK:有賀、DF:柳川、脇本、藤井、MF:森保、川辺、野口、平田、末廣、野津田、FW:越智。対する札幌は、GK:阿波加、DF:小山内、奈良、永井、堀米、MF:前、荒野、中原、FW:近藤、榊、下田、と言うメンバーでした。一発勝負の決勝、しかも3週間前に対戦したばかりと言うことで、前半はお互いに相手の持ち味を消す戦い、と言う感じ。広島は6分に野口のクロスに野津田が飛び込んで決定的なヘッドを放ち、13分の川辺の飛び出しや15分の野津田のシュートなど良い形を作るものの、なかなか崩しきれません。逆に札幌もカウンターから、あるいはパス交換からチャンスを作り、24分には決定的な場面を作られたものの柳川がブロック。35分には右サイドを崩され中央で混戦となりましたが何とかクリアします。広島は43分に森保のクロスに合わせた川辺のシュートはバーを直撃。ロスタイムには森保のスーパーなFKが相手ゴールを襲い、GK正面だったにも取れずに危うく弾く、と言うシーンを作ります。前半はどちらかと言えば広島ペースだったものの両者とも堅い戦いで、スコアレスでハーフタイムを迎えました。

 後半に入って先にペースを握ったのは広島。1分の末廣のシュートはクリアされたものの、4分に突破を図った野津田がペナルティエリア内で倒されてPKを得ます。これを自ら蹴った野津田がしっかりと沈めて、サポーターの前でフィールドプレーヤー全員で弓矢ポーズを決めました。更に後半6分、右サイドからのCKのボールを野津田が蹴ると、逆サイドで藤井がしっかりと決めて、リードを2点に広げました。

 これで完全に流れを掴んだ広島は、高い位置でのプレスでボールを奪うと何度も相手ゴールを脅かします。そして後半19分、野津田のドリブルからのパスは相手に引っかかったものの、ここに走り込んでいた末廣がしっかりと前に持ちだしてそのままシュート。ボールは見事にネットに突き刺さって、リードは3点に広がりました。その後両チームとも次々とポジションを入れ替え、また広島の運動量が落ちたこともあって終盤攻め込まれ1点を失ったもののそのまま逃げ切り、終了のホイッスルと共に広島ユースのメンバー全員がピッチになだれ込んで勝利の凱歌を上げました。

 3週間前の対戦ではカウンターから何度も決定的な場面を作られた札幌に対し、森山監督は「切り替えを究極なまでに速く」することで対抗しました。ボールを失った瞬間、周囲の選手たちが連動して一気にプレスをかけて相手の攻撃を遅らせる、と言う守備。そして平田をDFラインの前に配置し、両サイドも低めの位置をキープし、攻撃的な姿勢が持ち味の左ストッパー藤井も自重して相手の攻撃に備えました。それに対して札幌も「広島にボールを持たれ過ぎて疲労した」ことを教訓に、ボールを奪った後も闇雲に前に出さずにボールをポゼッションし、落ち着いて進めようとしました。そのような「対策」がガチンコでぶつかった結果が、前半の0-0だったのだろうと思います。しかし後半は広島が立ち上がりから圧力を強め、あっという間の2得点。これで精神的に優位に立って、その後は広島らしい楽しいサッカーを展開しました。終盤こそボールを支配され、失点以外にも何度か危ないシーンを作られましたが、しかし全体的に言えば広島の完勝だったと言って良いでしょう。ベンチ外のメンバーも含めたチーム全員で勝ち取った素晴らしい優勝だと思います。

 なお、この試合の直前に行われた「プレミアリーグ参入戦」に中国地域代表で出場した作陽高校は済美高校を5-1で下し、来季のプレミアリーグ昇格を決めました。


フォトレポート

|

« 7人と契約更新 | トップページ | 来季の年間日程 »