« 第34節山形戦 | トップページ | 李忠成に優秀選手賞 »

2011/12/05

高円宮杯PL名古屋戦

昨日吉田サッカー公園で行われた高円宮杯プレミアリーグウエストの第17節で、サンフレッチェユースは名古屋U18に2-0で勝ってウエスト優勝を決めるとともに、チャンピオンシップ出場を決めました。携帯サイトによると、メンバーはGK:有賀、DF:柳川、脇本、藤井、MF:森保、末廣、川辺、平田、野口、野津田、FW:越智。前半からボールを支配した広島は何度もチャンスを作りながらも決められない、と言う時間帯が続きましたが、後半13分に野津田のパスを受けた野口が切り返しで相手を振りきりシュートを叩き込んで先制。続いて後半22分、森保の強烈なシュートをGKがファインセーブしたものの、そのこぼれを宮原が身体で押し込みリードを広げそのまま逃げ切りました。この結果、広島の勝ち点は41。前節勝ち点3差まで迫っていたC大阪U-18が敗れたため2位京都サンガU-18との勝ち点差が5となって、1試合を残しての優勝が決まりました。プレミアリーグイーストの覇者とU-18世代日本一の座を争う「高円宮杯U-18サッカーリーグチャンピオンシップ」は12/17(土)。埼玉スタジアム2002で午後3時キックオフです。
【第17節】
広島観音高 1-0 富山第一高
広島ユース 2-0 名古屋U18
立正大淞南 1-4 福岡U-18
東福岡高  5-1 愛媛ユース
C大阪U-18 0-3 京都U-18

順位      勝 分 負 勝点 得失差
1 広島ユース 13   2   2    41   +35
2 京都U-18  10   6   1    36   +21
3 C大阪U-18 11   2   4    35   +15
4 名古屋U18   7   4   6    25    +8
5 福岡U-18   6   6   5    24    +3
6 愛媛ユース  6   3   8    21   -12
7 東福岡高   5   4   7    19    -3
8 富山第一高  4   3  10    15   -15
9 広島観音高  4   2  11    14   -21
10 立正大淞南  1   2  14     5   -35
 なお、立正大淞南高は来季のプリンスリーグ中国への降格が決まっていますが、もう1枠は広島観音高と富山第一高との争いとなっています。広島観音高の最終節の相手は京都サンガU-18。強敵ですが何とか勝って、残留して欲しいと思います。

|

« 第34節山形戦 | トップページ | 李忠成に優秀選手賞 »