« 島根との練習試合 | トップページ | 東北人魂 広島プロジェクト »

2011/07/05

U-17代表ブラジル戦

メキシコで行われていたU-17W杯の準々決勝で、U-17日本代表はブラジルに2-3で敗れベスト4進出を逃しました。U-17日本代表のメンバーは、GK:中村、DF:川口、岩波、植田、室屋、早川、MF:深井、石毛、喜田(→中島65分)、秋野(→松本45分)、南野(→高木75分)。日本は相手がブラジルだ、と言う事にも臆する事なく、日本らしいサッカーでチャレンジしました。ただ、連戦の疲れがあったのかあるいは他のチームとの間合いの違いに戸惑ったのか、立ち上がりからパスを奪われる場面が頻発。攻めを構築しようとする段階で奪われ、逆襲を食らう事が多かったと思います。そして前半16分にはCKから先制点を奪われ、後半3分にはギレルメ、アデミウソンの個人技に翻弄されて失点。更に後半15分にも高い個人技から3点目を奪われ、万事休したか、に見えました。ところがその後の日本は本当に素晴らしい反発力を見せました。途中から投入された中島や高木がどんどん仕掛け、ついに32分にはその高木のアシストで中島が決めて1点を返すとその後もブラジルを圧倒。ブラジルはクリアするのがやっと、と言う状況に追い込みます。そして後半43分にはCKの折り返しはバーを叩いたものの、こぼれを早川が押し込んで1点差に迫ります。更に44分には石毛のクロスがDFとGKの間を横切り、ファーに飛び込んだ高木がわずかに触れない、と言うシーンも作ります。しかし残念ながら3点目のネットを揺らす事はできず、ブラジルの逃げ切りを許しました。

 試合後に吉武監督は「ブラジルの個人の力はすごかった」と語っていて、確かに失点シーンは「個の力」と言う感じではあったのですが、しかし全体的に見れば決して負けていなかった、と思います。むしろ昔のように「手も足も出ない」と言う事は全く無くて、局面では日本の選手の方が上回っていたところも多かったように思います。そしてそれ以上に素晴らしかったのは、3点リードされても決して諦めなかったこと。余裕を持って逃げ切ろう、としていた相手を追いつめ、あわや同点と言うシーンも作った事は称賛すべきでしょう。今大会のU-17代表は宇佐美や宮市のいた前回、柿谷らがいた前々回に比べて地味な印象で(また広島からの選出もなかったので)あまり注目していなかったのですが、戦うたびに成長し、また世界の目も引くようになったと言えます。そして敗れたとは言えブラジル相手にこれだけのパフォーマンスを見せたと言う事は、吉武監督と代表選手たちの力と言うだけでなく、日本全体の「育成力」の成果だ、とも言えます。この年代の代表に広島からは脇本、野津田、平田が選ばれていたものの本番では落選してしまいましたが、選手としての本当の成長はこれから。「メキシコ組」に負けないよう、頑張って欲しいと思います。

|

« 島根との練習試合 | トップページ | 東北人魂 広島プロジェクト »