« 高円宮杯PL福岡U-18戦 | トップページ | 女子W杯ドイツ戦 »

2011/07/09

C大阪戦に向けて

サンフレッチェは明日、ホームでJリーグ第3節C大阪戦を戦います。
 昨年、J2からの昇格組としては過去最高の3位でフィニッシュしたC大阪は、初めての挑戦となったACLのグループリーグを突破。また大阪ダービーとなったラウンド16も接戦を制して、Jリーグ勢としては唯一準々決勝に進出しました。しかしリーグではなかなか勝てずに開幕から7試合未勝利。第14節に初めて勝ったもののその後も勝ったり負けたりで、1試合少ないこともあって現在13位に低迷しています。
ACL1H ○2-1 A・インドネシア【C】ピンパォン2、【A】ノー・アラム・シャー
1A  ●1-2 G大阪 【C】倉田、【G】アドリアーノ、遠藤
ACL2A ●0-2 山東魯能【山】レナト、ワン・ヨンポー
ACL3H ○1-0 全北現代【C】乾
ACL4A ●0-1 全北現代【全】イ・ドングッ
7A  △0-0 山形
8H  △1-1 新潟  【C】乾、【新】ブルーノ・ロペス
ACL5H ○4-0 A・インドネシア 【C】清武、ピンパォン、乾2
10H  △1-1 仙台  【C】小松、【仙】太田
ACL6A ○4-0 山東魯能【C】ピンパォン、清武、乾、倉田
11A  △1-1 浦和  【C】清武、【浦】原口
12H  △3-3 川崎F 【C】清武、ピンパォン、OG、【川】山瀬、矢島、小林
ACLR16 ○1-0 G大阪 【C】高橋
13H  ●0-1 大宮  【宮】ラファエル
14A  ○3-0 福岡  【C】ピンパォン、倉田、清武
15H  ●0-1 横浜FM 【横】キム・クナン
16A  ○2-0 甲府  【C】小松、播戸
17H  ●2-3 名古屋 【C】ピンパォン、乾、【名】磯村、玉田、ケネディ
18A  △1-1 新潟  【C】酒本、【新】ブルーノ・ロペス
2H  ○5-0 柏   【C】乾、ピンパォン、マルチネス、播戸、倉田
 移籍問題で揺れていた乾が名古屋戦から復帰。また清武がU-22代表から戻ってきたことで攻撃が活性化し、前節は首位・柏を内容でも結果でも圧倒して勝利を収めました。明日はホドリゴ・ピンパォンが出場停止でマルチネスも怪我、との情報があるものの、控え選手の能力も高いので戦力的な低下は小さいはず。明日は昨シーズンの再現を狙ってビッグアーチに乗り込んでくるに違いありません。
 対するサンフレッチェは前節、ゲームを支配されながらもセットプレー1発で逃げ切りました。広島は梅雨が明けたと言うことで主力の疲れが気になるところですが、携帯サイトによるとペトロヴィッチ監督は「単純に選手を休ませるためだけに、新しい選手を起用することはしない。起用するに値する力を見せた選手が出てくれば、連戦でなくても起用する」と語っているようなので、ほぼいつものメンバーで戦うことになりそうです。と言うことで、私のメンバー予想は次の通り。
       西川

    森脇 森崎和 盛田

     青山 森崎浩

ミキッチ          山岸

    李     高萩

       佐藤

SUB:中林、横竹、中島、服部、石川、ムジリ、山崎
 7月のC大阪戦、と言えば思い出すのは昨年の第11節。W杯後の再開初戦でホームにC大阪を迎えましたが、高萩の退場やオウンゴールもあって0-5での惨敗を喫しました。あの屈辱を晴らすためには、明日の試合で勝たなければなりません。首位争いに食らいついて行くためにも、明日は良い内容で勝点3を取って欲しい、と思います。

|

« 高円宮杯PL福岡U-18戦 | トップページ | 女子W杯ドイツ戦 »