« 今日の名古屋戦 | トップページ | クラセンU-18開幕 »

2011/07/24

第6節名古屋戦

昨日アウェイで行われた第6節名古屋戦は、李のゴールで先制したもののセットプレーなどで3点を失い、終盤追いすがったものの及ばず2-3で敗れました。
 久々に指揮を執ったペトロヴィッチ監督は中島を先発に復帰させて、次の布陣で臨みました。
       西川

   森脇  森崎和  盛田

     中島 森崎浩

ミキッチ          山岸(→服部78分)
(→高萩89分)
    李    ムジリ(→青山59分)

       佐藤

SUB:中林、横竹、石川、丸谷
 対する名古屋のメンバーは、GK:楢崎、DF:田中隼、闘莉王、増川、阿部、MF:中村(→永井70分)、ダニルソン、藤本、FW:小川(→ブルザノビッチ80分)、ケネディ、玉田(→千代反田49分)。立ち上がりから両チームともゴール前のシーンを多く作り、3分にはFKから闘莉王のヘディングが広島ゴールを襲います。またその直後にカウンターから寿人がDF2人に押し倒されましたがファウルはもらえません。しかし6分、盛田からのロングパスを胸トラップした李がそのまま蹴り込んで、早い時間帯に広島が先制点を奪いました。
 この後名古屋は、闘莉王がどんどん上がって攻め込んできます。6分の藤本のクロスに合わせた玉田のシュートはわずかに枠を外れ、8分の闘莉王のヘディングは西川がキャッチ。10分の小川のシュートもGKの正面を突きます。しかし15分、右サイドからのクロスの落としを玉田が戻したボールを闘莉王に見事なシュートを決められて追いつかれてしまいました。
 この後両者とも攻め合い、17分には森脇からのロングボールで抜け出した李がペナルティエリアの中からシュートしましたがわずかに枠を捉えることができず。21分に玉田がペナルティエリア内で粘ってシュートしましたが何とかCKに逃れます。24分にミキッチの深い位置からのクロスにムジリが頭で合わせましたが枠外。直後の藤本のミドルは上に外れます。25分カズのロングパスを受けた寿人がGKをかわしてシュートしましたがDFが身体を入れ、28分ダニルソンのFKは西川がキャッチ。32分ムジリが持ち込んでそのままシュートしましたがGKの胸に収まります。35分の藤本のFKからの闘莉王のシュートをクリアするとその後は両チームとも決定的な形は作れず、同点のままで前半を折り返しました。(つづく)

日刊スポーツスコア速報
J's GOALゲームサマリー
Jリーグプレビュー&レポート

|

« 今日の名古屋戦 | トップページ | クラセンU-18開幕 »