« 神戸との練習試合 | トップページ | 西村が鳥取入り »

2005/02/05

グアムから帰国

サンフレッチェは昨日、11日続いたグアムキャンプを打ち上げ帰国しました。「選手に大きな負荷をかけられる」と言うことから温暖な地でスタートしたキャンプは、昨年よりも早いスタートだった上に質量ともに高いものだったそうです。特にジニーニョ、ガウボン、佐藤寿、池田、茂原の加入で競争が激しくなったのは間違いなく、小野監督を初め選手もほとんどが「今までとは雰囲気が違った」と言うほど。レギュラーを保証されている選手は誰もいないと言う状況からのスタートで、しっかりと身体作りができたようです。また怪我人は大木だけだったのも好材料。その大木の怪我も軽く済み、順調なキャンプに終わりました。なお、中国新聞によると練習試合の敗戦に下田は「今後は何よりも結果にこだわらないと」と語っていたそうで、課題もちゃんと認識している様子。来週からの宮崎キャンプでは連日のように試合が続くので、そこでしっかりと「勝ち癖」を付けて欲しいと思います。

 一方新人選手たちは、昨日からJリーグ主催の研修会に参加しました。グアムに行っていた高萩、西河、入船は一足先に帰国して、ユースからの昇格組は吉田から移動して参加。プロとしての姿勢や取材対応、税務など様々な分野の講義を聞きました。J's GOALには前田のインタビューが出ていましたが「お金の問題や女性の問題など」が印象に残ったとのこと。この研修はいつもより1日短く2日間だけで終了で、グアムに行けなかった新人選手も、宮崎からは合流するのではないでしょうか。

|

« 神戸との練習試合 | トップページ | 西村が鳥取入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グアムから帰国:

» サンフレグアムから帰国 [>>>I can't drive 120!(つまり「突っ走ろう」ってことです…)]
中国新聞によるとサンフレの選手がグアムから帰国した模様です。 前回指摘したとおり、練習試合とはいえ負けてしまったことに危機感を抱く選手もいるようで、少し安心し... [続きを読む]

受信: 2005/02/05 10:05

« 神戸との練習試合 | トップページ | 西村が鳥取入り »