« 森崎和が新主将に就任 | トップページ | レプリカの一般販売開始 »

2005/02/27

今季のホームゲームの変更点

先日サンフレッチェクラブの会員証とともに、今季のポケット日程表が送られて来ました。これによると、ホームゲームの運営方法に昨年と変わっている点がいくつかありますので列挙します。
  1. ビッグアーチの座席割と入場方法の変更。指定席はメインスタンドのみとなり、正面のメインゲートから入場することになります。そしてホーム側コーナーフラッグ付近のSBゾーン指定からゴール裏、そしてB6付近にかけては一番安値のサポーターズシート。バックスタンドホーム側のコーナーからアウェイ側ゴール裏の途中までがバックスタンド自由シートとなっています。そしてアウェイ側ゴール裏からメインスタンドの右端までがアウェイサポーター用のビジターシート。ここへの入場は基本的にはビジターゲートからで、開門から30分間はアウェイサポのみが入場できます。たぶんサンフレッチェクラブの入場特典の配布も無くなりますのでご注意ください。
  2. これまで再入場券を受け取って自由に出入りできたのが、今年からできなくなります。
  3. ファミリーマート、セブンイレブン、サンクスに設置されている「電子チケットぴあ」の前売り限定のペアチケットが先着50組限定で販売されます。バックスタンド自由シートの大人ペア券が4,000円、親子ペア券が2,500円で、単独で買うよりそれぞれ600円と500円安くなっています。
  4. アストラムライン、広電バス利用の方への特別プレゼントが、今年は携帯アクセサリーになります。表がサンフレッチェ、裏がアウェイチームのユニフォームのデザインで、予定されているのは3/12, 4/9, 5/1, 5/8, 7/23の5回。キックオフ4時間前から、アストラムラインの広域公園前駅で先着3,500名様、広電バスのAシティ中央、シャトルバス乗り場で先着1,000名様に配布します。
  5. 広域公園テニスコートの向かい側にあった駐車場が廃止され、シャトルバス降り場のあるC駐車場(700台)、バックスタンド裏の投てき駐車場(100台)、西風新都IC方面のこころ駐車場(1,500台)のみとなりました。キャパシティが1,000台分減っていますので、自動車で行くのは極力控えた方が良さそうです。
 個人的に一番気になるのが、再入場ができなくなること。おそらく年間パス使い回しによる不正入場対策なのではないか、と思いますが、まず入場してプレゼントをもらって席を確保し、それからゆっくりと正面でのイベントやラウンジでのレクチャーに参加する、と言うことができなくなってしまいます。これをクラブ側がどのように考えているのか良く分からないところがあるのですが、もし完全に再入場禁止にされるのであれば、リピーターからの不満の声も出てきそうです。

|

« 森崎和が新主将に就任 | トップページ | レプリカの一般販売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今季のホームゲームの変更点:

» 今年のスタジアム運営等変更点 [⇒⇒>>>I can't drive 120!>>>⇒⇒]
今年度、駐車場が少なくなる等の変更点がかなりあります。 因みに自分はファンクラブ会員ですが、年間パスは文字通りパスしました。 sanfrecce Dia... [続きを読む]

受信: 2005/02/28 07:59

« 森崎和が新主将に就任 | トップページ | レプリカの一般販売開始 »