« 練習試合福岡戦 | トップページ | レプリカの注文状況 »

2005/02/13

李漢宰が広島合流

北朝鮮代表としてW杯予選を戦っていた李漢宰が、昨日の練習から広島に合流しました。広島フットボールによると、記者会見ではまず「負けたのは残念ですが、とてもいい経験になりました...日本が相手ということで、複雑な気持ちもありました。自分が生まれ、育ててくれた国は日本ですし。でも、この試合で頑張って、育ててくれた日本の人々に恩返しをしたいし、朝鮮民主主義人民共和国の人々の期待にも応えたい、と思ってやっていました」とその思いを語りました。合宿中に古傷の左膝を痛めたそうで半分は別メニューだったそうで、試合で途中交代だったのもその影響があったとのことですが、そんな状態でも信頼されて起用されたことで自信をつけたのは間違いなさそう。茂原が加入して競争が激化していることはネットを通じて知っていたそうですが、だからこそここで頑張らなければならない、と決意を固めている様子。左膝の怪我の様子を見ながら、徐々にチームに合流することになるようです。

|

« 練習試合福岡戦 | トップページ | レプリカの注文状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 李漢宰が広島合流:

» ワールドカップ最終予選(北朝鮮代表vs日本代表) [テルー]
リクエストが合ったのでレポートします。 2月9日埼玉スタジアムでの日本対北朝鮮戦。チケットを当日20000円弱でget!、会社をソッコー定時で上がり埼玉スタジア... [続きを読む]

受信: 2005/02/14 01:00

« 練習試合福岡戦 | トップページ | レプリカの注文状況 »