« U-19代表候補に4人選出 | トップページ | 今日の浦和戦 »

2004/11/27

浦和戦に向けて

明日は今季の最終戦となる第15節浦和戦が埼玉スタジアム2002で行われます。
 第13節までに稼いだ勝ち点は31。2位以下に7点差を付けてついに浦和は悲願のステージ優勝を果たしました。その原動力は、何と言っても圧倒的な攻撃力。1試合平均2.8点はもちろんリーグ最多で、1st stageの平均2.0よりも大きく増えています。ここまでの2nd stageの成績は次の通り。
1A ○3-2 神戸  【浦】長谷部2、エメルソン
2H ○7-2 東京V 【浦】エメルソン、永井3、山瀬3、【V】三浦、平本
3H ○3-2 磐田  【浦】エメルソン、山田、長谷部、【磐】前田、西
4A ○4-1 大分  【浦】エメルソン2、山瀬、田中、【分】マグノ・アウベス
5H ○4-1 新潟  【浦】ネネ、OG2、エメルソン、【新】エジミウソン
6A ●0-1 FC東京 【F】ルーカス
7H ○2-1 G大阪 【浦】山田、永井、【G】フェルナンジーニョ
8A ○4-0 市原  【浦】エメルソン2、永井、平川
9H △0-0 横浜FM
10A ○3-2 鹿島  【浦】田中2、エメルソン
11A ○2-0 C大阪 【浦】田中、エメルソン
12H ○2-1 清水  【浦】酒井、闘莉王、【清】北嶋
13H ●1-2 名古屋 【浦】エメルソン、【名】マルケス、角田
14A ○4-0 柏   【浦】室井、エメルソン3
 5連勝で立ち上がった浦和の優勝に向けての大きなヤマとなったのが第6節以降。FC東京に完封されて初黒星を喫した後に、上位を争うG大阪、市原との対戦でした。しかしG大阪を逆転で下し、市原を4点差で葬ると後は一気にゴールへ。王手をかけていた13節では惜しくも敗れたもののそれまでの「貯金」がきいて、ホームのサポーターと優勝の喜びを分け合いました。そして続く柏戦でもまたもやエメルソンが爆発して、勝ってJ1残留を決めたかった柏を粉砕。控え選手の虫干しも済ませて着々とチャンピオンシップに向けての準備を進めています。情報によると次節は三都主、闘莉王が怪我のため欠場する可能性が高いようですが、気を緩めることなく全力で戦いを挑んで来ることは間違いありません。予想メンバーは、GK:山岸、DF:アルパイ、堀之内、ネネ、MF:山田、鈴木、長谷部、平川、永井、FW:田中、エメルソン。レギュラーを温存してきた場合には、逆に高いモティベーションに注意する必要があるでしょう。
 対するサンフレッチェですが、勝ち負けによってステージ8位〜12位の可能性があります。また年間通算の順位は11位〜14位の可能性があります。賞金にも残留争いにも関係ない順位ではありますが、しかしステージ順位は後に残る記録です。8位でフィニッシュするか12位で終わるかによっては、中位まで上がったか下位に沈んだか、の違いがあります。これまでJ1で20ステージ(96年のみ年間1ステージ)戦って、1桁順位だったのはわずかに7回だけなので、来年以降につなげるためにも是非とも勝って終わりたいものです。
 メンバーですが、前節イエローカードをもらった吉田が累積で出場停止。その一方で前節出場停止だったリカルドが戻ってきます。来季以降の事も考えて若手を起用する可能性や4バックにする可能性もありますが、私は素直に次のような布陣を予想しておきます。
       下田

  リカルド 小村  西河

駒野  森崎和  森崎浩  服部

   ベット    大木

       チアゴ

SUB:林、吉弘、李、前田、盛田
 明日は優勝チーム相手にどれだけのことが出来るのかを試す、絶好の機会です。勝利のみを目指して結果を怖れず戦って欲しい。そして今年良い思い出の無かった関東のサポーターに歓喜をもたらして欲しいと思います。

|

« U-19代表候補に4人選出 | トップページ | 今日の浦和戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和戦に向けて:

» 浦和レッズ−サンフレッチェ広島(レビュー) [鴎3矢]
明日の浦和レッズ戦 当然相手は誰もが認めるチャンピオンクラブ そっとやそっとで勝てない事は解る が、来シーズン現有戦力でサンフレがどれだけ戦えるかの目安に... [続きを読む]

受信: 2004/11/27 22:43

« U-19代表候補に4人選出 | トップページ | 今日の浦和戦 »