« 第14節大分戦 | トップページ | ジーコジャパンドリームチームに3人選出 »

2004/11/25

ユースの5人の昇格内定

サンフレッチェは昨日、来季の新加入選手としてサンフレッチェユースの桑田慎一郎、森脇良太、前田俊介、高柳一誠、佐藤昭大の5人の内定を発表しました。
 桑田は福山市の出身でみろくの里FCからユースに昇格。元々はFWの選手ですが、ボランチかトップ下で起用されることが多く2列目からの飛び出しを得意としています。昨年まではそれほど目立つ選手では無かったのですが、今年に入って急成長してトップ昇格を勝ち取りました。
 森脇も福山市の出身で、こちらはサンフレッチェびんごからユースに昇格。高校生らしくない強烈なフィジカルを生かした守備と突破が持ち味で、昨年はストッパーとして何度かサテライトのゲームに出場し、今年のナビスコ杯C大阪戦では右SBとしてトップ初出場を果たしています。
 前田は奈良の高田FC出身。中学時代から関西の選抜チームに選ばれるなど才能には定評がありましたが、波が大きく活躍するときとしないときの差が極端で、昨年は昇格は微妙ではないかとも言われていました。しかしクラブユース選手権直前に骨折したのをきっかけにチームの主軸に成長し、Jユース杯では得点王となってチームを優勝させる活躍。今年はキャンプからトップに帯同して1st stage第12節の鹿島戦で初出場を果たし、先日の磐田戦では初ゴールも決めています。
 高柳はジュニアユース出身で、両サイドとボランチだけでなく攻撃的なポジションもこなすユーティリティープレーヤー。視野の広さと正確なパス、判断の確かさを兼ね備えたクレバーな選手で、1年上の年代であるU-19代表にも選ばれてアジアユースに出場しています。トップには昨年のキャンプから高萩とともに呼ばれていて、昨年には既にトップ昇格を打診されていたそうです。今年はU-19代表を最優先したためトップデビューは森脇に先を越されましたが、7/24のナビスコ杯東京V戦で先発すると2nd stageは開幕から第3節までフル出場。A契約の一歩手前まで来ています。
 佐藤は三重県の朝日町出身。U-16代表〜U-18代表に何度も呼ばれるなど、この年代屈指のGKです。トップのゲームの出場経験こそありませんが、1st stageは河原を押しのけて8試合にベンチ入りした事がその評価の高さを物語っています。
 サンフレッチェは彼ら5人の他、DFの藤井大輔のアルビレックス新潟への加入内定も合わせて発表しました。大阪の吹田市出身の藤井は昨年からユースのディフェンスラインに君臨。ラインコントロールに優れたセンターバックとしてU-18代表にも選ばれて活躍しています。サンフレッチェには若手DFが多い上に1年下に槇野がいるためトップ昇格はなりませんでしたが、その話を聞きつけて新潟以外にも数クラブからの獲得オファーがあったと言う逸材。是非新潟で成長して、今度は対戦相手として広島に戻ってきて欲しいと思います。
 なお今週のサッカーダイジェストの記事によると、鵬翔高のSB入船の加入も有力だとのこと。今年の新規獲得選手は、先日の中尾と合わせて高校生7人と言うことになりそうです。

|

« 第14節大分戦 | トップページ | ジーコジャパンドリームチームに3人選出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユースの5人の昇格内定:

» ユース勢プロ契約内定正式発表 [鴎3矢]
今日、前田俊介・森脇良太・桑田慎一朗・高柳一誠・佐藤昭大の5選手のサンフレトップ契約内定が発表されました 彼らの才能はこれまでの戦いでも解っている通り みん... [続きを読む]

受信: 2004/11/25 14:53

« 第14節大分戦 | トップページ | ジーコジャパンドリームチームに3人選出 »