« U-19代表に3人選出 | トップページ | 今日の神戸戦 »

2004/05/08

神戸戦に向けて

明日は1st stage第9節の神戸戦が行われます。
 毎年のように残留争いに顔を出し、咋シーズン終了後に運営会社が「倒産」するなどどん底を味わった神戸でしたが、後を次いだクリムゾングループの元で生まれ変わろうとしています。まず監督として、サンフレッチェのステージ優勝に貢献し、チェコ代表やスパルタ・プラハ、ストラスブール等で指導者としてのキャリアを積んだイワン・ハシェックを招聘。「トルコの貴公子」イルハン・マンスズや藤本主税を獲得するなどして、新しいチーム作りを進めています。そして開幕戦は3万人近い大観衆をバックに、優勝候補の一角である市原に逆転勝ちを飾るという華々しいスタートを飾りました。しかしその後はなかなか勝ちきれないゲームが多く、前節はFC東京に逆転負けを食らっています。
1H ○2-1 市原  【神】北本、和多田、【市】斎藤
2A △0-0 新潟
3H △0-0 大分
4A ●1-2 浦和  【神】土屋、【浦】三都主、長谷部
5H △1-1 東京V 【神】小島、【V】米山
6H ○2-0 柏   【神】播戸、和多田
7A ●0-2 鹿島  【鹿】増田、フェルナンド
8H ●1-2 FC東京 【神】レアンドロン、【F】今野2
 DFラインと前線にタレントの多い神戸ですが、弱点はやはり中盤の弱さ。本来はFWの小島をボランチで起用して結果を出していましたが、ここに来て綻びが見え始めています。FC東京戦を見た限りでは藤本のドリブル、播戸のスピード、レアンドロンの高さとポストプレーは脅威ですが、しかし逆に言えばセットプレーとカウンター以外に攻め手はありません。次節は守備の要の土屋が出場停止ですが、ここまでの失点は8でリーグ2位の安定度を誇っており、これを崩すのは容易なことではなさそうです。メンバー予想は、GK:掛川、DF:朴、北本、坪内、ホージェル、MF:吉村、小島、薮田、藤本、FW:播戸、レアンドロン、と言うところでしょうか。
 セレッソ戦で今季初勝利を挙げたサンフは、昨日は紅白戦を行ったそうです。広島フットボールによると前半は3-6-1、後半は4-2-3-1で戦ったものの、疲れが目立つAチームはBチームに押されまくっていたとのこと。このところ新人の田村、吉弘、青山らがチャンスを与えられてそれを生かしているだけに、控え選手のモティベーションが高いのも理解できる、というものです。「ウィニングチーム」は変えない、と言うのが原則ではありますが、疲れが溜まっている選手を何人か入れ替える可能性はありそうです。
       下田

   吉弘 リカルド 吉田

駒野   李 サンパイオ   服部

   森崎和    森崎浩

       チアゴ

SUB:林、外池、田村、眞中、大木
 広島フットボールと中国新聞によると、2度にわたる肉離れで戦列を離れていた大木が復活して良いプレーを見せていたとのこと。大木のキープ力と質の高い動きは大きな武器となるだけに、ベンチ入りはありそうです。怪我をしていた選手が全員揃って、いよいよ今季の本当の戦いが始まります。

|

« U-19代表に3人選出 | トップページ | 今日の神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸戦に向けて:

« U-19代表に3人選出 | トップページ | 今日の神戸戦 »