« 今日の柏戦 | トップページ | サテライト大分戦 »

2004/05/23

第11節柏戦

昨日広島ビッグアーチで行われた1st stage第11節柏戦は、幸運なオウンゴールもあって3-0で勝ち、順位も暫定で9位に上がりました。
 チアゴが出場停止のサンフレッチェは、2年目の田中をワントップに起用して次のような布陣でスタートしました。
       下田

   小村 リカルド 吉田
      (→吉弘81分)
駒野   李 サンパイオ  服部
     (→中山73分)
  森崎浩      森崎和

       田中(→大木51分)

SUB:佐藤昭、外池
 対する柏は、GK:南、DF:小峯、中澤、永田、近藤、MF:リカルジーニョ、明神、茂原、永井(→山下57分)、FW:玉田、ゼ・ホベルト(→谷澤65分)。最下位脱出に燃える柏は、序盤から積極的に攻め込んで来ます。6分にはサンパイオのクリアを拾った永井がファーストシュート。中盤からでも最終ラインからでもロングボールをどんどん放り込んで来て、サンフのDFラインを下げさせます。そして空いた中盤のスペースは明神とリカルジーニョが凄い運動量で埋めます。サンフはボランチと双子の間の距離が空いてなかなかボールをつなぐことができません。12分には左サイドからのロングクロスに田中が頭で合わせましたがヒットせずGKがキャッチ。その後もサイドから崩そうとしますがシュートまで行けない時間帯が続きます。そんな中前半17分、信じられないような事が起きました。左サイドを突破した森崎浩のクロスをキャッチした南が、ボールをスローしようとして迷います。三度目に投げようとした瞬間、南の右手を離れたボールはコロコロと自陣のゴールへ。珍プレーとして歴史に残りそうなオウンゴールで、幸運な先制点を取る事ができました。
 これでサンフはやや落ち着き、また柏は気落ちしましたがそれでも全体的なペースは変わらず。ロングボールとドリブル突破から何度もゴール前に入り込まれますが、下田とDFライン、ボランチが集中を切らさず守ります。サンフの攻撃で有効だったのは、22分に田中がDFをかわしてシュートを放ったのと29分にリカルドのロングボールにサンパイオが頭で合わせたものぐらい。リードはしたものの内容的には今季最悪とも言えるもので、前半を折り返すことになりました。
 後半、「相手の出方を確認」(小野監督)するためにメンバーを代えずにスタートしたサンフでしたが、6分後に田中に代えて大木を投入すると、徐々にエンジンがかかってきます。そして後半17分、ロングボールを受けた大木が森崎浩、李と展開して駒野が大外からクロス。ファーでボールを受けた服部がワントラップしてシュートしたボールは横に流れましたが、ゴール前でピタッと足元で止めた森崎和が左足で叩き込んで2点目を奪いました。
 これで柏はがっくりきたのか、チャンスは作るものの粘りのない攻撃に終始します。逆にサンフはしっかり守って速く攻めるというコンセプトを徹底して、相手のDFラインを脅かします。後半28分には中山を入れて4-4-2に変更。そしてその中山の投入が4分後に功を奏します。右サイドでしつこくボールを追った中山がボールを奪うと、大木からのボールを受けた森崎和が左サイドにスルーパス。これを受けた服部が強烈なシュートをゴールネットに突き刺しました。
 その後、柏も山下を中心に攻めましたが気持ちが切れてしまったのか迫力不足。何度か攻め込まれはしたもののサンフの守備組織は崩れず、最後にリカルドに代えて吉弘をセンターでテストする余裕も見せてそのまま3-0で勝ちました。
 このゲーム、前半は柏のロングボール攻撃と個人技に戸惑った感じで、思うようなサッカーはできていませんでした。南の信じられないようなボーンヘッドで1点をもらったから良かったものの、逆に運があちらにあって先制されていたらどうなっていたか分からなかった、と思います。ただ、その運を引き寄せることが出来たのは自分たちの力。攻め込まれた時間帯に守備を集中して、自分たちの時間帯にきっちりと点を取ること。相手の弱みをしっかりと突いて、取るべきときに点を取ったことがこの結果に繋がったと言えるでしょう。そしてそれは、3月〜4月の苦しい時期に自分たちのサッカーを信じて戦ってきたことの正当な報酬だ、と思います。J2降格の恐怖、と言うことを考えればこの勝利は非常に重要で、かなり楽になったのは確かですが、しかしこれで安心しないこと。選手がレベルアップし、チーム力を上げて更に上を目指して欲しいと思います。

|

« 今日の柏戦 | トップページ | サテライト大分戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11節柏戦:

« 今日の柏戦 | トップページ | サテライト大分戦 »