2018/12/11

川辺に複数のオファー

中国新聞によると、川辺にG大阪などから獲得オファーがあったことが分かったそうです。関係者によるとその他にも複数のクラブから獲得オファーが来ているとのことですが、広島としても放出するつもりはなく全力で慰留に努めているとのことです。川辺は3年間レンタルされていた磐田から戻って選手会長を務めるなど将来の主力として期待されていたものの、今季のリーグ戦はほとんどが途中出場で先発は12試合にとどまっています。他のクラブからすれば「もったいない」と思っていることでしょうし、また川辺自身も「移籍した方が良いのではないか」と考える可能性はありますが、ただこの1年、「最後の最後まで歯を食いしばって出場を勝ち取った」(城福監督)のも確か。移籍すればまた一からやり直しになることを考えれば、来季も広島でやるべきなのではないでしょうか?

|

2018/12/10

ユースが高円宮杯PLウェスト優勝

昨日行われた高円宮杯プレミアリーグウェストの第18節で、サンフレッチェ広島ユースは京都U-18との「首位決戦」を6-1で制して2年ぶり4回目の優勝を遂げました。モバイルサイトによると広島のメンバーは、GK:佐藤海、DF:鈴、中谷、山崎、MF:東、松本大、土肥、渡部、FW:大堀、鮎川、桂。先制点は前半17分で、土肥の右からのクロスを大堀がプルアウェイの動きからヘッドで流し込みました。2点目は後半12分。佐藤海の素晴らしいセーブの2分後に土肥を起点に大堀、東と繋ぎ、クロスを土肥がヘッドで決めました。3点目は後半22分で、渡部のサイドチェンジを受けた東のパスを大堀がゲット。続いて24分には鈴のFKから山崎がヘッドで4点目を奪いました。その後後半31分に京都のパワープレーから1点返されたものの、42分に鮎川のクロスを桂が押し込んで突き放すと、後半アディショナルタイムには大堀がハットトリックとなる6点目を決めてダメを押しました。この結果サンフレッチェユースは来週土曜日に行われる「プレミアリーグ2018ファイナル」進出が決定し、3度目(前身の高円宮杯から通算すると5度目)の優勝を賭けて鹿島ユースと戦います。第18節の全結果と最終順位表は次の通り。
【第18節】
G大阪ユース 5-2 阪南大高
C大阪U-18  4-0 米子北高
広島ユース  6-1 京都U-18
福岡U-18   2-3 東福岡高
名古屋U-18  3-1 神戸U-18

       勝点 試合 勝 分 負 得失差
1広島ユース  37   18   11   4   3   +28
2G大阪ユース 35   18   10   5   3   +19
3名古屋U-18  34   18   10   4   4   +20
4京都U-18   33   18   10   3   4     0
5東福岡高   31   18    9   4   5    +9
6C大阪U-18  29   18    9   2   7    +6
7神戸U-18   21   18    7   0  11   -14
8福岡U-18   20   18    6   2  10   -10
9阪南大高   14   18    4   2  12   -16
10米子北高    3   18    1   0  17   -42

|

2018/12/09

U-19代表に大迫と川井

日本サッカー協会は一昨日ブラジルに遠征するU-19日本代表を発表し、広島から大迫と川井が選ばれました。今回選出されたのは次の20人。
【GK】大迫(広島)、谷(G大阪)
【DF】橋岡(浦和)、宮本(柏)、角田(筑波大)、川井(広島)、
    瀬古(C大阪U-18)、菅原(名古屋U-18)、小林(神戸U-18)
【MF】齊藤未(湘南)、中島(C大阪)、郷家(神戸)、山田(横浜FM)、
    平川(FC東京)、斉藤光(横浜FCユース)、西川(桐光学園高)
【FW】田川(鳥栖)、宮代(川崎FU-18)、中村(G大阪)、久保(横浜FM)
 AFC U-19選手権の代表から若原(京都)、石原(湘南)、荻原(浦和)、東(広島ユース)、安部(鹿島)、伊藤(磐田)、藤本(東京V)、滝(清水)が外れ、宮本、角田、川井、中島、平川、中村が選ばれています。2019 FIFA U-20ワールドカップは来年5/23から6/15にポーランドで開催されます。そこで勝つために、選手を入れ替えながらチー作りを進めていくのではないでしょうか。

|

2018/12/08

優秀選手賞に佐々木、青山、パトリック

Jリーグは昨日、12/18に行われるJリーグアウォーズで表彰される各賞を発表し、優秀選手賞にサンフレッチェから佐々木、青山、パトリックの3人が選ばれました。選出された30名のうち、優勝した川崎Fからはチョン・ソンリョン、エウシーニョ、車屋、谷口、奈良、家長、大島、中村、守田、小林の10人。3位の鹿島からはクォン・スンテ、西、三竿健、レオ・シルバ、鈴木の5人が選ばれています。また9位のG大阪からも東口、三浦、ファン・ウィジョの3人が選ばれていて、リーグ終盤に調子の良かったチームに偏っているような印象です。優秀選手賞の選考はリーグ戦終了後に行われるため終盤戦の印象が強いのは止むを得ないこととは言え、広島の第25節までの快進撃を支えた林、野上、和田、稲垣、柏らが選ばれなかったのは残念だった、と言わざるをえません。

 なおその他の賞ですが、広島が2012年以来6年連続で受賞してきた「フェアプレー賞高円宮杯」は、今年はC大阪に与えられることになりました。今季の広島は決してフェアプレーでなくなったわけではなく、反則ポイントは昨年より3少ない-11。2014年の-19と2015年の-13に次いで少ない数字だったのですが、C大阪の反則ポイントが-14だったと言うことで、惜しくも7年連続受賞を逃すことになりました。今年はフェアプレー賞を取ったクラブが過去最高の9に達し、C大阪が広島以外では初めてマイナスポイントになったと言うことで、これはリーグ全体にフェアプレーが浸透してきたと言うことを意味しています。従って今季「フェアプレー賞高円宮杯」を広島が取れなかったことは、残念と言うよりもむしろそれを主導してきたチームとして誇るべきことだ、と言って良いでしょう。来季は今年以上に苦しいシーズンになるかも知れませんが、それでもこのフェアプレーの精神だけは守って、戦い抜いて欲しいと思います。

|

蔚山現代との練習試合

韓国遠征中のサンフレッチェは昨日蔚山現代との練習試合を行い、3-1で勝ちました。メンバーは不明で、得点は前半21分に川辺、45分に松本大、後半36分に東。失点は後半30分でした。

|

2018/12/07

城福監督の総括会見の後半部分

城福監督の総括会見は一昨日紹介したようにオフィシャルサイトに出ていますが、実はそこにかかれているのは前半だけ。後半はモバイルサイトに掲載されているので、簡単に紹介します。まず来季に向けての補強についての質問に対しては、「今はまだ言いづらい」と言いながらも、「今年の経験...を全て受け止めて戦った選手たちがチームのベースになる」と述べています。来季に向けての課題は、前半戦で機能した「高いレベルのベーシック」と10年以上にわたって積み上げてきたスタイルの融合を果たすこと。そのためには「今年の経験をした選手がベースになることは間違いない」と語っています。西日本豪雨の被災地に対する思いやベストゴールについての話に続いて、今季の攻撃についての質問に対しては、パトリックがゴールを量産したこと、選手たちがそれに向けて割り切って戦ったことを評価しつつも、それがうまくいかなかったときに別のパターンを作れなかったことについて「課題が明確になった」と指摘。来季から外国人枠が拡大されることに対しては「広島はこのレベルをあげながらチームとして戦うと言う意識を強固にしないといけない」と語りました。そして若手育成については川辺や馬渡が「最後の最後まで歯を食いしばって出場を勝ち取ったと言う事実」を挙げて、若手選手への期待を述べました。この他にも池田誠剛コーチの役割や練習の非公開について、そして単身で広島にやってきたことによる苦労や広島に対する思いなどについても語っています。詳しくはぜひモバイルサイトTSSサンフレッチェ広島をご覧下さい。

|

2018/12/06

蔚山現代との練習試合

韓国遠征中のサンフレッチェのメンバーは昨日蔚山現代との練習試合を行い、1-1で引き分けました。失点は前半29分、得点は後半39分に松本大でした。

|

高円宮杯PLウェスト第17節福岡戦

週末に行われた高円宮杯プレミアリーグウェストの第17節で、サンフレッチェ広島ユースは福岡U-18を下しました。広島のメンバーは、GK:佐藤海、DF:鈴、山崎、MF:松本大、中谷、桂(→大越87分)、東、土肥、大堀(→棚田76分)、FW:渡部、鮎川(→福崎90+1分)。先制点は前半45分で、山崎のパスを受けた桂がドリブルからシュートを決めました。続いて後半10分には渡部のパスを鮎川がワンタッチで決めて追加点を奪い、後半19分に再び渡部のパスから鮎川が決めました。今節は首位を走っていた京都U-18が敗れたため広島ユースが首位に立ち、次節の京都戦に優勝を賭けることになりました。第17節の全結果と順位表は次の通り。
【第17節】
阪南大高  3-1 C大阪U-18
神戸U-18  2-3 G大阪ユース
京都U-18  0-4 名古屋U-18
東福岡高  3-0 米子北高
広島ユース 3-0 福岡U-18

       勝点 試合 勝 分 負 得失差
1広島ユース  34   17   10   4   3   +23
2京都U-18   33   17   10   3   4    +5
3G大阪ユース 32   17    9   5   3   +16
4名古屋U-18  31   17    9   4   4   +18
5東福岡高   28   17    8   4   5    +8
6C大阪U-18  26   17    8   2   7    +2
7神戸U-18   21   17    7   0  10   -12
8福岡U-18   20   17    6   2   9    -9
9阪南大高   14   17    4   2  11   -13
10米子北高    3   17    1   0  16   -38

|

2018/12/05

城福監督の総括記者会見

城福監督は一昨日広島市内のホテルで、今シーズンを締めくくる総括会見を行いました。オフィシャルサイトによると城福監督はまず最初に「悔しいという気持ちが一番強い」と言ったものの、「最終的に2位で終われたというのは、選手が頑張ってきた証を得られた気がする。その部分に関しては、本当に嬉しく思う」と語りました。続いて就任から開幕に向けての流れについての質問に対して、「高いレベルのベーシックな部分」を一番大事にして「目の前の試合で自分たちの全てをぶつけることに集中していた」そうで、序盤戦の好調は「予想外だった」と振り返りました。そして中断期間を経て後半は「ハードワークに加えてクオリティーを上げて行くか」に注力してトレーニングしていたものの、「何か一つのことに徹底させることができなかった」ことが9月以降の不調の原因だった、と述べています。また最終節で引き分けて2位になったことについては「悔しいとしか言いようがない」と言いながらも「戦い方で言えば第33節、システムで言えば第34節になるが...自分で考え抜いた中で戦い方を変化させる決断をした。それに答えてくれた選手たちがいた。それは光を見る思いだった」と今後に向けての手応えを感じたそうです。来季は今年の経験をどう生かすか、そしてその結果どうチームとして伸びるかが課題になる、と意気込みを述べて、会見を締めくくりました。

|

2018/12/04

パトリックとの契約交渉

中国新聞によると、サンフレッチェはパトリックとの契約更改交渉を進めていることが分かったとのことです。パトリックは広島でのプレーを希望しているそうで、「話し合いの最中だが、良い方向に行くと思う。ACLはJリーグよりマークが激しい。これから膝の治療などやるべきことをやっていきたい」と語っているとのことです。

|

«城福監督との契約を更新