« 2021年4月 | トップページ | 2021年11月 »

2021/05/22

PF30の分解と換装(BB30の分解と換装(4))

BB30かと思っていたら実はPF30だった「2016年式SUPERSIX EVO」のボトムブラケット。PF30のカップを外すのが面倒だったこともあって、BB30ベアリングの後に左右別体の24mmコンバーターを入れて、シマノのクランク(FC-R8000)を挿入した、と言うのが前回までの経緯でした。フロントディレイラーも何とか調整できたので、早速走りに出てみました。

すると2kmほど走ったところで左足が外れたような感覚があったのです。最初はペダルが外れたのかと思ったのですが、止まって見てみると何とノンドライブ側のクランクがスピンドルから外れていました。当然、クランクの固定ボルトは思いっきり締めていたのですがあんまり関係なし。クランクボルト(スピンドルの中央にねじ込む樹脂製のボルト)は外れてどこかに飛んで行ってしまってました。シマノのノンドライブ側のクランクは「外れ止め」のプレートを押し込んでスピンドルに空いている穴に挟まるようにするのですが、どうやらスピンドルの頭の出方が浅くて、外れ止めプレートの爪が引っかかってなかったようです。

51189535628_52df01ef5c_c

やはりBB30用のコンバータはBB30のベアリングの代わりに入れるもので、PF30のカップ(当然BB30ベアリング互換)の中に入れてもいい、と言うわけではなかったようで。当たり前と言えば当たり前の結末でした。

と言うことで、BB30用コンバータはお役御免となって、PF30用のコンバータを購入することにしました。本当はGUBのセラミック球のコンバーターにしたかったのですが、AliExpressはどうしても2〜3週間ほどかかってしまうので、ここはamazonを使うことにしました。

41pjfangrql_ac_

自転車 軽量 ボトムブラケット BBセット ロードBB シマノ PF30 68mm PF30 to 24 (BB4624)

ノーブランド品ですが、説明書にはTOKENの文字があります。実際TOKENのPF30 to 24のコンバーターを見るとそっくりなので、たぶんTOKENのNinja(BB841T-46)のOEM?なのではないかと思います。

このコンバーターを入れるためにはBB30 to 24のコンバーターとPF30のカップを外さないといけないのですが、例によってBB2430ツールキットを使ってやります。片方は簡単に外れたのですが、もう一方(確かドライブ側?)はいくらねじ込んでも外れないので、アダプタを入れたりしつつ工夫して外しました。で、外した後を見てみると、コンバーターとPF30のカップが一緒に外れていました。

51190387040_393ac0bcd2_c


と言うことでようやくきれいになったSUPERSIXのBB。

51188625597_08954b122a_c

当然のことながらPF30用のコンバーターはサイズがぴったり。

 51189554698_dfcf9ff4f4_c

このコンバーターにはフィッティング用のツールが付属しているのですが、せっかくシマノHollowtech II用のスパナがあるのでこれを使います。

51189340791_df5d01654e_c

次はいよいよシマノクランクの挿入ですが、よくよく見たらBB30用のコンバーターにはまっていたベアリングが残っています。これを外さないと、当然PF30コンバーターと干渉します。

51188634367_6960f44f16_c

プライヤでつかんで引っ張ってみてもダメ。また万力に挟んでスピンドルを叩いてみるかと思ったのですが、チェーンリングが邪魔して挟むことができません。と言うことでまずはチェーンリングを外してそれから万力に挟もう、と思ってチェーンリング外し用のトルクスレンチT30を買ってきて外しました。

51188112001_28880f13a9_c

ところがチェーンリングを外した状態でベアリングの根本を見ると隙間が見えたので、ここにマイナスドライバーを差し込んでみると...

51188113241_2e99823ce7_c

外れました!

51187423862_61d65bb8c4_c

と言うことで、SUPERSIX EVOのBBに入れたPF30-24コンバーターにクランクを差し込んだのがこの写真。クランクのスピンドルの端が十分に出ているのが見てとれます。

51188127946_1e995399c9_c

ここにノンドライブ側のクランクをセットして、ようやく完成、となりました。
 

| | コメント (0)

2021/05/19

BB30の分解と換装(3)

ベアリングの奥にあった謎の「壁」は何なのか。分からない時には誰かに聞いてみればいい、と言うことで、当たってみたのがfacebookの「全国40歳以上スポーツ自転車に乗ってます」のグループ。そこでいろいろと有用なアドバイスを頂いたのですが、その中で一番重要な情報だったのは、2016年型のSUPERSIXは実はBB30ではなく、PF30が使われていた、と言うある意味驚愕の事実でした。確かに以下のリンクを見ると、明確に「ボトムブラケットはPF30規格です」と書いてあります。

cozybicycle

SUPERSIX EVOはダウンチューブの下に大きく「BB30」と書いてあるのでそれを信じていたのですが、単に「BB30系のボトムブラケット」だ、と言うことだったのですね。と言うことは、ベアリングの奥に見えていた「壁」はPF30のカップ。これを外さなければ左右のパーツを中央のネジで締め込む「ウィッシュボーンタイプ」のBBコンバーターは使えないことになります。このPF30のカップですが、BB2430ツールキットで外すのは難しそうだったので、とりあえずこのままにしておいてBB30ベアリングの代わりにはめ込むタイプの24mmベアリングを使ってみることにしました。

51187386317_0fcd8e7d59_c

そこで再びAli Expressで購入したのがこれ。WEEK EIGHTの「圧入ボトムブラケットシマノクランクセット」というもので、1セットわずか1,687円と激安でした。

注文から2週間ほどで届いたので早速挿入。あちこち調べるとBBまわりのパーツを取り付ける時にはWAKO'Sのブレーキプロテクターの塗布を推奨していることが多いのですが、いささかお高いのでアストロプロダクツで買ってきた「ブレーキシムグリス」を使います。

51188311693_23accb98c2_c

この圧入はBB2430を使えばOK。

51189159395_4006b6dd56_c

取り付け完了!なのですが、何となくこのコンバーターとフレームの間にすき間が空いているような気がします。

51189161620_7d0e722b6e_c

クランクを組み込んだ状態を確認すると、ノンドライブ側のスピンドルの頭が十分に出てないような気が...

51188103596_2f6633e049_c

でも一応クランクを取り付けることはできたので「これで完成!」と言うことにして、フロントディレイラーの調整もして久々に走れるようになりました。

51188876469_4e2054e58a_c

ところがところが。やはり私は大きな間違いをしでかしていたのでした。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年11月 »